レッチリやベックのファンだけど、友達がいないという方に朗報です。
これさえあれば、野外フェスは一人ぼっちでもイッツ・オーライト!

suimmernews-tent01-0405

まずはじめに、これは“寝袋”ではありません。一人用の“テント”なのです。一般的にテントといえば設営に時間がかかったり、スペースを確保するのが難しかったりと、便利ではあるものの何かと面倒くさいアイテムではありました。なにより一人でテントを使用するとなると、よほどのテントマニアではなければ、まず使うことがないのが現状でしょう。

ところがこの『スキマテント』はそんな悩みを一蹴。「花見の場所取りを任されたけど、一人で徹夜はちょっと・・・」、「野外の音楽フェスに参加したいけど、一緒に行く人がいない・・・」と嘆いていた方にはぴったりな一人用テントなのです。

suimmernews-tent02-0405

最大の特徴は、省スペース設計ということです。“一人ぼっち”で寝るだけに特化したテントなので、畳一畳ほどのスキマがあればどんな場所にも設置できてしまいます。また、インナーテントの頭部には、通気性に優れたメッシュ生地を採用。 “ぼっち野外フェス”や、“ぼっちキャンプ”など、真夏の暑い時期にも最適な作りになっているのです。

さらにこのテントは、雨風をしのげるのはもちろんのこと、一人でも簡単に設営が可能。嬉しいことに、持ち運びに便利なテントを収納する専用キャリーバッグ付き。重さも約1.3kgと軽量なので、女性でも簡単に持ち運びができます。

とはいえ、「一人ぼっちの夜は寂しい・・・」という方もいるかもしれません。でもご安心を。内部の天井にはスマホを固定できるホルダーを装備。つまり、寝ながらスマホを見ることができるのです。寂しい一人ぼっちの夜は、スマホがアナタに安堵感を得てくれるはずです。

suimmernews-tent03-0405

この夏、日本最大級の野外ロックフェスティバル『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』では、レッド・ホット・チリ・ペッパーズやベックといった超大物アーティストが出演します。ファンであれば、これを見逃すわけにはいきませんよね。そこで、一人で寝るだけに特化した、この『スキマテント』があれば一人ぼっちのフジロックもSo Coolに楽しめるはずです。

画像提供「ビーズ株式会社」

suichan-cmt-04ぼっちだって、テントがあれば寂しくないもんねぇ。

Follow Me

ただいまの睡マさんは12820です。