寝つけない夜に効果的と話題。
「4-7-8呼吸法」って何?

4-7-8

なかなか寝付けない夜は誰もがあります。寝つけない時間が長ければ長いほどイライラが募り、余計に眠れなくなってしまうものです。そこで、そんな寝つけない夜にはぴったりの、リラックスできる呼吸方法を紹介しましょう。

それは、アメリカ・アリゾナ州立大学のアンドルー・ワイル医学博士が提唱している「4-7-8呼吸法」と呼ばれる瞑想方法の一種です。別名、「くつろぐ呼吸(Relaxing Breath)」ともよばれるこの方法は、心やカラダを簡単に安らがせる効果もあるのだとか。

呼吸方法?瞑想?といっても難しいものではありません。この記事を読みながらでもいいので、やってみてください。

まず、口を閉じて、心の中で4つ数えるほどの長さで鼻から息をゆっくりと吸い込みます。そこで、吸い込んだ息を止めて7つ数えます。次に、8数えるほどの長さをかけてゆっくりと口から息を吐ききります。そして、それを3回繰り返すだけです。

3~4回繰り返すとだいたい1分ぐらいになります。もちろん個人差はありますが、この呼吸方法を繰り返すことで、次第に心やカラダがリラックス状態に陥り、気づいたら眠りに落ちているかも?

はい、それではもう一度やってみましょう。

まず、口を閉じて、4つ数えながら鼻から息をゆっくりと吸い込む。そこで、吸い込んだ息を止めて7つ数える。次に、8数えながらゆっくりと口から息を吐ききる。そして、それを3回繰り返す。

どうですか。カラダがリラックスした感じになっていませんか?

ちなみに、人間はストレスを感じると、自然に口から呼吸してしまう傾向があるそうです。そんなときに、ゆっくりと鼻から息を吸い込むこの呼吸方法をおこなえば、緊張やストレスの緩和にも効果的だということです。

アンドルー・ワイル博士のサイト http://www.drweil.com

suichan-cmt-12 ヒッ、ヒッ、フーと間違えるなよ

Follow Me

ただいまの睡マさんは13957です。