脳科学が「夢のお告げ」を証明した?

news160616

とある問題の解決策やヒント、新たな発想など、「夢」からインスピレーションを受けることを古来より、「夢のお告げ」といわれてきました。起きているときには思いつかなかったような展開を夢の中から得られる、まさに夢の発想です。

天才肌のアーティストが目覚めたときに新しい発想が沸いてきた、なんていう話や、スピリチュアルな感性を持った方々が夢から授かったお告げを相談者に告げるのも、また「夢のお告げ」です。

実は「夢のお告げ」は、脳科学で証明されているのです。

人間が夢を見て、その夢の内容を覚えているのがレム睡眠状態のときです。レム睡眠とは、「浅い眠りで、カラダは深く寝ているのに脳は活発に動いている」ときのことをいいます。

レム睡眠状態のときの脳は、情動や視覚などの動きを感じ取る部分が活発に活動しているのに対して、理性を伴う部分の活動はあまりしていません。

起きているときにいくら発想の転換をしようにも、そこでは無意識で大なり小なりの理性を働かせてしまうのですが、脳の理性を伴う部分の活動が抑えられているレム睡眠状態では、そのリミッターが解除され、発想が無限大に広がるのです。

夢の内容が自由すぎるのはそのためです。つまり、レム睡眠状態のときに見る夢だからこそ、「お告げ」という結果が出てくるのです。

ハーバード大学のIna Djonlagicさんが行った実験では、ある課題を与え、目覚めたままの休憩、レム睡眠、ノンレム睡眠のいずれか取らせた結果、レム睡眠を撮ったものの正答率が一番高かったそうです。

夢のお告げをコントロールできるか?

そんな「夢のお告げ」に関する研究は次の段階に進んでいます。それは、特定の課題を夢で解決できるか? というものです。

ハーバード大学の心理学者、Deridre Barrettさんがおこなった実験はこのようなものでした。

多種多様な課題を自由に選ばせた学生に、課題の答えを出させず眠りにつかせました。起床後、学生の半数が課題に関する夢を見ており、さらにその3分の1の学生が、夢に課題の答えが出てきたと報告したのです。

もしかしたらアナタにも今夜、後に世界中を驚かせることになる「夢のお告げ」があるかもしれないですね。

suichan-cmt-12
夢で作った歌とか天才か! と思うけど、だいたい忘れる。。

参考:夢が教える発想 日経サイエンス2013年11月号

この記事のキーワード:

睡眠の大切さに少しでも目覚めたあなたはもう、
立派な睡マー
世界睡眠会議をフォローして
睡マーになりませんか!

ただいまの睡マさんは24613です。