世界睡眠会議のアンケートシリーズも3回目となりました。リコーさん参加記念「第3回 そこが気になって眠れない!アンケート『オフィスでのパフォーマンスと眠りのいい関係』」結果発表のお時間でございます!

今回、アンケートに参加いただいたのは88名。男性が45%、女性が55%という内訳です。年代別では30代〜50代の皆さんを中心にお答えいただきました。ありがとうございます!

性別


suichan-cmt-12

年齢


suichan-cmt-12

また、昼間、お仕事中はどのように過ごしていますか、という質問には、「座っていることが多い」が最も多くて76%。「立っていることが多い」16%、「歩いていることが多い」8%となっています。デスクワークの方が多いようです。

昼間どのように過ごす?


suichan-cmt-12

今回のアンケートは睡眠不足で失敗した経験や、オフィスでの睡眠事情についてうかがったワケですが…「大きな声では言えないが、とってもよくわかる〜」な回答続出で実に興味深い結果になっておりますよ、はい。では、順番にご紹介しましょう!

Q1 あなたはふだん、仕事のイライラやストレスが原因で夜、よく眠れなかったことはありますか?


suichan-cmt-12

予想通りというかなんというか、みなさん苦労されてますねえ。いや他人事じゃないんですけど。実に2/3の方が仕事のせいで眠れなかったことがあるという結果。うう。社会人はつらいよ。

では、その具体的な内容、つまりどんなことでイライラしたかという話なんですが…。ここから先、みなさんの「あー!考えるだけで眠れないっ!」的などんよりオーラが漂っておりますので、ひとまず深呼吸してから読み進めることにしましょう。すーっ、はーっ。いいですか、では行きますよっ。

まず最初は、自分の「やっちまったー」が頭から離れない、というパターン。

「仕事上のミスや失敗を何回も思い出す」(40代・女性)
「しくじったことが尾を引いて眠れない夜を過ごしました」(50代・男性)
「資料の作り方や会議での説明など、もっとこうすればよかったと考え出して興奮して眠れなかった」(60代〜・男性)

嗚呼、わかります。終わったことだから考えても仕方ないのに、頭の中をぐーるぐる。「後悔先に立たず」どころか「後悔あとを絶たず」でございます。
そして仕事へのプレッシャーから眠れない、という方もいます。

「苦手な上司にプレゼンするのがプレッシャーで」(40代・女性)
「不具合の原因がさっぱりつかめなかった時」(40代・男性)
「次の日から研修!」(40代・女性)

お次はシンプルながら社会人の永遠の難問、キングオブお悩み。その名も人・間・関・係!

「同僚とケンカしました」(40代・男性)
「部下とのコミュニケーション」(40代・男性)
「先輩と後輩の板挟みになり人間関係に悩んでました」(40代・女性)

上司に付き合い、部下に気づかい…これはもうどんな職場でも同じでしょうね。浜の真砂は尽きるとも、世に人間関係の悩みは尽きまじ。

さてさて、ここから「怒り」モードに入ります。つまり理不尽な状況に我慢がならない系。

「会社で人とぶつかって『あー言ってやればよかった!』とき」(50代・男性)
「上司の指示が適当で自分なりに行動したら大した差はないのにものすごく怒られた時」(10代・女性)
「凄く時間を掛けて確認も何回もして出来上がった企画をOK出した本人に潰された日」(50代・男性)
「ネチネチしたクレーム!」(40代・女性)
「職場の男尊女卑について」(30代・女性)

あー、思い出し怒りで目が冴えてしまう!
そもそも仕事が忙しすぎると、それだけで眠れなくなってしまうもの。

「疲れすぎると、頭の中がぐるぐる活動して眠れない」(30代・女性)
「忙しくて夜まで働くと、目が冴えてしまってなかなか眠れない」(50代・男性)
「オフィス騒音。電話やファックスの着信音などが耳に残る」(40代・女性)

みなさん、大変大変お疲れ様です。寝なきゃダメ、寝なきゃダメってわかっているのに寝られない…その結果どうなっちゃうかというのが、次の質問。

Q2 夜、よく眠れないため、日中のパフォーマンスが落ちた経験をお持ちですか。


suichan-cmt-12

なんと4分の3の方が「経験ある」とのお答え。なんたる、なーんたる。寝不足大国ニッポン。

「そもそも朝起きられず、場合によっては会社に行けなくなるぐらい布団が重く感じられるときがあります」(40代・男性)

会社に「行きたくない」というより、「行こうとしても体が動いてくれない」状態。起き上がるんじゃなくて、カメみたいにのそのそ布団から這い出すことになっちゃうんですよねえ。それを無理して出社するとどうなるか。いちばん多かった答えは「ボーッとしてしまう」。

「そもそも頭が回らない」(20代・女性)
「寝ちゃまずい、ただそれしか考えられず ひたすらずーっとパソコンの青い画面を見続けていました。なんにも仕事していませんね」(40代・男性)
「14時から15時半まで、私はいないことにしたいくらいに使えません」(40代・女性)

そして、動きが、おそく、なり…ま…す…。

「動作がゆーっくりになって、指先に力が入らなくなる」(10代・女性)
「一通のメールを書くのに2時間かかりました」(40代・女性)

当然、ミスも増える。

「パソコンで一つのキーを押しすぎて、画面一杯に同じ文字が表示になりました」(50代・男性)
「会計書類を6回も書き直し」(40代・女性)
「講師をしていますが、喋っているうちに自分が何を話しているのかわからなくなってきたことがあります」(40代・男性)

あるある! 身に覚えありまくりです。

「車をぶつけた」(30代・女性)

あるあ…いや、それはダメーッ! 寝不足で運転は厳禁ですよー!
仕事の作業だけじゃなく、寝不足は気持ちにも影響します。

「ちょっとしたことでイライラしたり、大したことでもないのにすっごく不安になったり」(30代・女性)
「全てが雑になる‥夕飯が焼きそばだけとか」(30代・女性)

そして寝不足が限界値を超えると、奴が来る…そう、睡魔が!

「作業中に瞬きをすると数分意識が飛んでしまう」(40代・女性)
「パソコンで資料を見ているとガクッと来た」(50代・男性)
「姿勢がいいまま、瞼のみ落ちていた。友人があわてて教えてくれた」(40代・女性)
「気候のよい昼下がりに、上司の話を子守歌代わりについうとうとと」(50代・男性)

♪あっちの人もこっちの人も「睡マー」よ♪ はい、みなさん十分がんばりました。もう寝ちゃいましょうよ、ね、ね。ということで、最後の質問。

Q3 昼休みなどにオフィスで寝たことはありますか?オフィスの昼寝テクニックがありましたら教えてください。

みなさん、結構いろいろありますねえ、オフィスの昼寝テク! いちばん多かったのが自分のデスクでうつぶせに寝る、という方。

「机にブランケットを敷いてそこに頬をつけて寝る」(10代・女性)
「腕にハンドタオルをのせてつっぷす」(30代・女性)

これは定番、と言っていいでしょう。顔が痛くならないように少し工夫する、というのがポイント。
一方、周囲に「寝てないですよー」というカモフラージュをしながら、という方もいます。

「PCに向かって頬杖で頭を固定して、長めの瞬きをするような感覚で居眠りする。」(30代・女性)
「腕組んで、考えてる風睡眠」(40代・男性)

そのカモフラージュが成功しているかどうかは謎ですが…。
女性の方に多かったのは個室派、つまり「トイレの個室で寝る」というパターン。

「トイレのふたを下ろして、その上に座って壁に頭をもたせて寝る」(40代・女性)
「トイレに寝に行くのはよくあることだけど、トイレに行くと目が覚めることもよくある」(40代・女性)

男性40〜50代には、こんな豪快(?)な一派もいました。

「昼休みの昼寝はイスを3個並べて横になって寝ます」(50代・男性)

さらに上級者になると、オフィス昼寝用のグッズを用意しているようです。

「デスクで寝る時用の低反発枕を使用」(30代・女性)
「ネックピローや座布団的な物を使って首と手を痛めないようにしています」(40代・男性)
「まくら、ブランケット、耳栓(遮音性の高いイヤホン)、タオル(よだれ用)を用意しておく」(50代・男性)

用意周到! オフィスで寝るためには準備も念入りにする必要があるんですねえ。
何が何でも今すぐ寝たい!という場合は「デスクつっぷし型」がいちばんですが、もっと寝る場所にこだわるという方もいます。

「自販機とかがある休憩コーナーでアラームをかけて寝ています」(30代・女性)
「上長に許可を取って、倉庫内で横になる」(50代・男性)
「使ってない部屋を使って、靴も脱いでぐっすり。寝すぎて、同僚が捜索に訪れた」(40代・女性)

休憩室や仮眠室が用意されている職場もあるみたいですね。いいことだ〜。

「畳の休憩室で寝るのが鉄板。他に寝ている人がいれば、ですが」(50代・女性)
「一時期、実験的にリクライニングシート+環境音楽が準備されたことがあって、利用した。5分ぐらいで目がぱっちり冴えた」(60代〜・男性)

そして、必ずしも静かな環境というわけではないので、入眠のためのテクニックも必要みたい。

「1.目をつぶって、深呼吸 2.後頭部に意識を集中させ、目をつぶったまま遠くを見るようにする 3.肩の力を抜いて、リラックス」(40代・男性)
「癒し音楽を聴く」(40代・女性)

なかには「どこでも寝られるので特にテクニックはありません」という方もいて、ちょっとうらやましい…。ち
なみに寝る時間は昼食後、15分くらいという方が多いようです。

「早くお昼を食べて寝る時間を確保する!」(20代・女性)
「食って即横になるのが必殺」(40代・男性)

さてさて、みなさんのオフィスでの睡眠事情をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? お仕事によっていろいろ条件はあるでしょうけど、やっぱり睡眠不足じゃパフォーマンスも落ちちゃう!ということで、快適睡眠で快適ワークを目指したいですよね〜。私もこの原稿を書き上げたら、ちょっとだけ昼寝しようかな。いやちょっとだけ、ね…。

アンケートにお答えいただいたみなさま、今回もありがとうございました! ご希望の方には缶バッジをお送りいたします。

「そこが気になって眠れないアンケート!!!」シリーズ。さて、次はどんなテーマかな? お楽しみに!

suichan-cmt-07
会社での過ごし方が、結構夜寝るのに関係しているんだよね〜。

昼のオフィスにも、夜の眠りに良い環境を。

関連ページ
第2回そこが気になって眠れないアンケート!!! みんな、どんな照明で寝てる?結果発表
第1回そこが気になって眠れないアンケート!!! みんな、なに着て寝てる?結果発表

アンケートページはこちら。受付は終了しています。

睡眠の大切さに少しでも目覚めたあなたはもう、
立派な睡マー
世界睡眠会議をフォローして
睡マーになりませんか!

ただいまの睡マさんは18592です。