「パジャマヨガ」って、気持ちよさそう!


京都駅前の会場に到着!

毎日快眠生活を目指すみなさん、おはようございます!
睡眠研究部員の横山愛子です。

今回のミッションは、京都市内で開催されるワコールの『パジャマヨガ体験会』に参加して、その感想などをレポートすることです。

パジャマヨガ!

みなさんは聞いたことありますか? 初耳ですっていう人が多いですよね。それもそのはず。この「パジャマヨガ」は、最近になってワコールさんが提案している眠る前の新習慣のこと。ここちよい眠りのための新しいキーワードです。

でも、言葉を耳にするのは初めてでも、どんな風に何をするのかは想像できます。つまり、「パジャマ」で「ヨガ」、ですからね。どう考えても気持ちよさそう♡ とはいえ、どんなポーズを、どんなところに気をつけてやればいいのか。気になることもいろいろです。

では、さっそく『パジャマヨガ体験会』のレポートをお届けしましょう!

パジャマ『ふわごころ』も気持ちいぃ〜!


2016年9月にオープンしたばかりの新しい施設です。

体験会の会場は、京都駅前に昨年オープンしたばかりの『ワコールスタディホール京都』です。ここは創業70周年を迎えたワコールが、『見た目だけでなく、感性や知性など内面の美しさに加え、社会のありようまで美しくなることを目指して、「美」を学ぶ』ために開設されました。スクール、ライブラリー、ギャラリーなどがあり、「美」を発信するいろいろな催しが開かれているそうです。


メディア受付、一番乗り!

新幹線で京都駅に着いて、そのまま歩いて会場に向かったのですが、「迷っちゃうと困るから」と少し時間に余裕を見ていたので、予定よりも早めに会場に到着してしまいました。『睡眠研究部』のレポートだから、メディア受付に名前を記入。メディアの中で一番乗りでした。


「睡眠科学」の新触感パジャマ『ふわごころ』

受付で手渡されたのが、今日の体験会で着用するパジャマ。ワコールならではの視点でここちよい眠りを考えた「睡眠科学」というナイトウェアブランドから新発売された『ふわごころ』というパジャマです。

どんなパジャマなのか、ワコール パーソナルウェア商品営業部の西池紀子さんに説明していただきました。

着替える前に、西池さんの説明を伺いました。

この『ふわごころ』は「肌へのここちよさに徹底的にこだわって開発したパジャマ」です(西池さん)。綿素材なんですけど、ほかの綿花と比べて天然油脂分が多くて、独特のしなやかさがある「ラムコ」というインド綿を使って、ソフトに仕上げた糸で織り上げてあります。

本当は、言葉で説明するよりも、実際に触ってみるのが一番よくわかるんですけどね。手触りがほんとに「ふわっふわ」なんですよ。

いよいよ『パジャマヨガ体験会』の会場へ!

では、いよいよ『パジャマヨガ体験会』の会場に突入します。

少し照明を落とした会場には、一般参加者のみなさんや、インストラクターの先生たちが集まり始めています。個室の更衣室も準備されていて、参加者用のヨガマットやヨガ枕なども準備が整っています。

『ふわごころ』への着替えを終えて、体験会の始まりを待っていると、インストラクターの先生がおすすめのアロマオイルを付けてくれました。

会場は照明を暗めにしてあって、LEDキャンドルなどでリラックスできる雰囲気を演出しています。

参加者のみなさんの準備が整うのを待つ間、自分の場所を決めて、用意されていたヨガ枕を背中に当てて横になってみました。

あ、気持ちいい……。レポートという仕事も忘れ、ふんわりと眠りに落ちてしまいそうな気分です。

このヨガ枕。片っぽの先が斜めになっているんです。名前は「アングルドボルスター」といって、パジャマヨガを監修しているグラヴィティヨガ協会のおすすめアイテムです。
自宅では、ブランケットやバスタオルなどを巻いて作ってもいいそうです。

入眠儀式の合わせ技で、ここちよい眠りを!


吹き出しボードまで用意してありました!(笑)

今回の『パジャマヨガ体験会』は大人気。30名の定員に、140名以上の応募があったそうです。睡眠研究部の取材で参加できた私は、ラッキーでした。

参加者の準備も整って、いよいよ、体験会が始まります!


ワコール パーソナルウェア商品営業部部長の岡野源太郎さんがご挨拶。

リラックスムードの体験会イベント、とはいえ、ワコールさんが主催の公式なイベントです。実際にヨガを始める前に、まずは『ふわごころ』を発売した株式会社ワコール パーソナルウェア商品営業部部長の岡野源太郎さんがご挨拶。会社の偉い方の挨拶で、急に堅苦しいムードになるのかと思いきや……。

なんと、岡野さんも『ふわごころ』を着てパジャマ姿でご登場。さっき『ふわごころ』について教えてくれた西池さんも、パジャマ姿で司会進行を務めます。

岡野さんの挨拶では、なぜワコールが『パジャマヨガ』を提案しているのか、また『ふわごころ』の魅力などがわかりやすく説明されました。私なりに理解したノートを作ったので、ご紹介します。

どうですか、わかります?

この『世界睡眠会議』でもあちこちで紹介しているように、ぐっすり眠ってすっきり目覚める、また、途中で何度も目覚めたりすることがない質のいい睡眠を楽しむためには、寝る前や起きてすぐに実践する「入眠儀式=眠ルーティン」がとても大切なんですよね。

ワコールさんの新商品『ふわごころ』は、パジャマに着替えるという「入眠儀式」のこだわりアイテム。そして、パジャマヨガは寝る前にリラックスするためのオススメ「入眠儀式」ってこと。眠る前に着ごこちのいいパジャマに着替えてヨガをする「パジャマヨガ」の提案には、「気持ちいい×気持ちいい」入眠儀式の合わせ技で、とっても気持ちよく眠りましょ、っていう思いが込められているんです。

ぐっすり眠れることは、健康で楽しい毎日を過ごしたり、女性として美しさを磨くためにも大事なこと。ぜひ、たくさんの人に実践して欲しいと思います。

パジャマヨガの始まりです!

今回のパジャマヨガの講師は、グラヴィティヨガ協会の神谷よしみ先生です。優しい声で説明しながら、お手本を見せてくれます。

会場が広く、先生の声の音量は控えめだったので、最初は「あれ、聞こえないかも」と思ったんですけど、会場が静かだから問題なし。スムーズに、パジャマヨガの動きを体験することができました。

どんなポーズをやったのか。ごらんください。

まず、リラックスして姿勢を正し、呼吸を整えます。

足先もリラックスさせて……。

胸を開く動きです。

アングルドボルスターを脚とお尻の間に挟み、ゆったり、しっかり動きます。

そして、アングルドボルスターを背中に当てて、ゆったりと胸を開いてリラックス。

ふわああああ。気持ちいいよぉ〜。

次は、からだのサイドの筋肉を緩めてリラックス。ただの寝落ち姿に見えるけど……。

ちゃんとゴロゴロしています。

いえいえ、これも、寝落ちしてるんじゃないですよ。

インストラクターさんのサポートも受けながら、腰や背中をほぐしてリラックス、です。

次は、腰の下にボルスターを当て……。

脚を高く上げて、血流を全身に戻す動きです。

それにしても『ふわごころ』。軽くて柔らかいからとても動きやすいです。薄手に見えるけど、着てるとふんわりあたたかいのも気に入りました。

最後は、バスタオルをからだと顔に掛けていただいて……。

アイピローをのせて……。

静かにリラックスタイムです。

ふああああぁ。これは、さすがに落ちました(笑)。

からだを起こし、あぐらを組んで、呼吸を整えたら終了です。

気持ちよかったぁ〜!

あ、でも、このレポートだけでは、パジャマヨガポーズの詳しいやり方がわからないですよね。詳しくは、ワコールの睡眠情報サイト『すやすや部」で紹介されています。

最後は、アンケートに回答して、ミッションは無事に完了です。

私は以前、この睡眠研究部のミッションで、ルネサンスの「快眠ヨガ」をレポートしたことがあります。プライベートでもヨガはときどきやってます。このパジャマヨガは、汗もかかず、無理な姿勢を取ることもなく、ほんとにゆったりリラックスできるのが新鮮でした。

みなさんも、ぜひやってみてくださいね!

suichan-cmt-03
毎週水曜日更新の「おやすみヨガ」もよろしくね〜。

睡眠の大切さに少しでも目覚めたあなたはもう、
立派な睡マー
世界睡眠会議をフォローして
睡マーになりませんか!

ただいまの睡マさんは18960です。