睡眠研究部 ぐっすりレポート
さっそく『ねむり展』に行ってみました。 博物館の展示会場で、ぐっすり寝ちゃっていいんです!

睡眠研究部 ぐっすりレポート

suiminlab-nemuriten0408-03

みなさん、おはようございまーす!
ハイパーウルトラハイブリッドユニット。『しーくいーん』の三田寺理紗です。

suiminlab-nemuriten0408-04

日野麻衣です。

京都大学にやってきましたぁ!

suiminlab-nemuriten0408-05

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

なんと、京都大学でーす!

suiminlab-nemuriten0408-hino

もちろん初めてやってきましたー。ここはキャンパスの正門。さっそく、中に入ってみましょう!

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

正門を入ると目の前にあるのが、京大のシンボルでもある大きなクスノキと、時計台。

suiminlab-nemuriten0408-06

suiminlab-nemuriten0408-hino

このクスノキは、京大のエンブレムのモチーフにもなってるんだって。

suiminlab-nemuriten0408-07

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

歩いてる人も、みんな頭良さそー。

suiminlab-nemuriten0408-hino

新年度が始まったばかりだからかな、とても活気がある感じだね。

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

今日は、4月8日でしょ。

suiminlab-nemuriten0408-hino

そうだね、金曜日。

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

さて、ここで問題です。今日、私たちは何のために京都大学へ来たんでしょう?

suiminlab-nemuriten0408-hino

え? 睡眠研究部のレポートでしょ?

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

だから、何をレポートするのかってこと。

suiminlab-nemuriten0408-hino

えーっと、京都大学で睡眠文化を学ぶため?

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

ぶぶー。残念ながら、私たちは京都大学に入学はできません。

suiminlab-nemuriten0408-hino

そっか、偏差値はちょっとだけ足りないかもね。うーん、何だろう。わかんないから教えて!

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

諦めるの、早っ!

suiminlab-nemuriten0408-hino

だって、早く先に進めないと読者の人が飽きちゃうでしょ。

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

あ、そういうことか。じゃ、今日の本題を紹介しちゃいましょう!
京都大学で私たちがレポートするのは……。

suiminlab-nemuriten0408-08

suiminlab-nemuriten0408-09

suiminlab-nemuriten0408-10

『ねむり展』でーす!

『ねむり展 〜眠れるもの文化誌〜』
京都大学総合博物館
2016年4月6日(水)〜6月26日(日)

suiminlab-nemuriten0408-hino

ねむり展? なるほど、睡眠研究部員としては見ておかなきゃダメって感じだね。

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

でしょ。
しかも、この『ねむり展』には、この『世界睡眠会議』も協力してるんだよね。さっき写真を撮ったエントランスの大きなポスターは、世界睡眠会議が作ったんだってさ。

suiminlab-nemuriten0408-hino

「いい睡眠ってなんだろう」っていう、サルとゴリラの写真のポスターね。

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

そうそう。

suiminlab-nemuriten0408-hino

じゃ、『ねむり展』を見れば「いい睡眠って何」かがわかるってこと?

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

うーんとね、それは私もまだ見てないからわかんない。

suiminlab-nemuriten0408-hino

だよね。さ、とにかく中に入ろうよ。

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

よし、行こう!

suiminlab-nemuriten0408-11

『ねむり展』の展示をチラッとご紹介!

さて、京都大学総合博物館2階の『ねむり展』会場に突入したしーくいーん。はたして、どんな展示が楽しめるのか。展示内容の一部をご紹介します!

人類進化ベッド!

suiminlab-nemuriten0408-12

展示室入り口の前で最初に迎えてくれるのが『人類進化ベッド』。これは、チンパンジーが毎晩寝る時に自分で作るという「チンパンジーのベッド」にヒントを得て、商品化を目指して開発が進められているという「究極の快適睡眠を実現する未来型ベッド」です。

今回の取材では、4月9日に開催されたワークショップ『チンパンジーのベッドを作ってみよう』にも参加。しーくいーんの2人は特別に寝心地を体験させてもらいました。

suiminlab-nemuriten0408-14

一般来場者が寝てみることはできませんので、あしからず。

suiminlab-nemuriten0408-13

睡眠文化って、何?

suiminlab-nemuriten0408-15

展示室内は、丸く敷かれた人工芝のカーペットを囲むようにして、睡眠文化って何なんだろう、という疑問に答えてくれるパネルが並んでいます。

眠りは人間にとって本能的なもので、とても大切なこと。でも、普段の生活では起きている時間のことが最優先で、眠りをないがしろにしている人が多いのではないでしょうか。

人類の進化の歴史や文明の発展、世界各地のさまざまな「ねむり」を知ることで、「ねむりの多様さ」を知ることが、睡眠文化への第一歩。そして、そこが『ねむり展』の見どころになっています。

suiminlab-nemuriten0408-16

suiminlab-nemuriten0408-17

展示パネルは「ふとん」型!

suiminlab-nemuriten0408-18

カメルーンの伝統的なベッド。幅は33センチほどしかありません。寝相のよくない私には無理〜。

suiminlab-nemuriten0408-19

今の私たちの常識って、よく考えてみるとまだまだ歴史は浅いんだよねぇ。

suiminlab-nemuriten0408-20

睡眠について、いろいろ知ることができますよー!

居眠りしちゃった人、も展示品!

suiminlab-nemuriten0408-21

エチオピアの枕で眠ってみましたぁ〜。

今回の『ねむり展』。なんといってもユニークなのが、展示室中央のまぁるい人工芝カーペットのスペースです。

カーペットには靴を脱いで上がります。エチオピアの枕や「蚊帳(かや)」などの展示品は来場者が実際に使ったり中に入ったりすることができて、そのまま展示品のベッドやカーペットの上で眠ってしまったとしてもノープロブレム。

まったりと、眠りについて考えてみてください、な。

suiminlab-nemuriten0408-22

敷き布団の下に入れたクッションが空気圧で「ぶしゅっ」っと膨らむ『定刻起床装置』。同じ部屋に別の人が寝ていても、自分だけ確実に起きられます。JRなどの乗務員さんが宿直する施設や消防署とかで、実際に使われているんだって。

suiminlab-nemuriten0408-23

ベッドに敷いたセンサーで呼吸や心拍数を感知して、その人に合ったリズムで入眠を促してくれる『快眠音システム』も体感できます。

suiminlab-nemuriten0408-24

蚊帳に入ったのは初体験。なんだか、たのし〜っ!

suiminlab-nemuriten0408-25

ママでーす。

suiminlab-nemuriten0408-26

えっと、ぬいぐるみがいっぱい!

suiminlab-nemuriten0408-27

日本発の目覚まし時計!

『ねむり展』は6月26日まで開催!

suiminlab-nemuriten0408-28

博物館1階のミュージアムショップ『ミュゼップ』では、ねむり展の図録や関連書籍、グッズなどが販売されています。

suiminlab-nemuriten0408-hino

『ねむり展』、想像以上に面白かったね。

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

エチオピアの枕、気持ちよかったぁ!

suiminlab-nemuriten0408-hino

みなさん、この『ねむり展』は6月26日まで開催されてます。

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

京都に来たら、ぜひ眠りに来てくださいね!

suiminlab-nemuriten0408-hino

寝るだけじゃダメじゃない? ちゃんと眠りについて考えなきゃ。

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

じゃ、寝ながら考えればいいんじゃない?

suiminlab-nemuriten0408-hino

そうだね。じゃ、そういうことで!

というわけで、『ねむり展』は京都大学総合博物館で開催中。取材で伺った日はまだ準備中でしたが、4月中旬からは、日本とエチオピアの小学生が描いた「眠り」の絵の展示も加わる予定になっています。

ワークショップなどの趣向もいろいろ。また、博物館の中だけでなく、期間中は京都のあちらこちらで『ねむり展』の関連イベントなどが行われます。詳しくは、睡眠文化研究会のサイトを要チェック、です。

nemuri-chirashi01
http://sleepculture.net/nemuriten.html

suiminlab-nemuriten0408-mitadera

初夏の京都へ。気持ちよく眠るための旅をしようよ!

suiminlab-nemuriten0408-hino

『ねむり展』見にいってねー。

suichanmark01睡マーなら、一度は行ってみたいね〜。

睡眠の大切さに少しでも目覚めたあなたはもう、
立派な睡マー
世界睡眠会議をフォローして
睡マーになりませんか!

ただいまの睡マさんは18592です。