soro-logo

人気スタイリストとして、雑誌や映画、演劇などで幅広く活躍中の伊賀大介さん。

伊賀さんは筆者が構成作家を務めるTBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」のリスナーで、それがご縁で番組に出演してもらって以来、プライベートでもときたま会っては他愛もない世間話を楽しくさせてもらっている。

そんな伊賀さん、ご存知の人も多いと思うが、とにかく大変な読書家である。待ち合わせ場所では常に小脇に本を抱え、挨拶してしばらくすると「アレ読みました?」と尋ねられる。

読んでない。もともとそれほど読んでない筆者は、いつも曖昧に笑って誤魔化す。それでも活字中毒者の話はいつだって楽しいし、伊賀さんのことは大好きだ。

また、伊賀さんのそれほど知られていない一面として、「寝落ちするギリギリまでなにかをし続けている人」というのもある。あなたのまわりにもきっといるこの手の人間が、本と出会うとどうなるか? こういうことになる、というのを白日の下にさらすのが今回のインタビューである。

入眠調査室室長:古川 耕

renaissance01-line

入眠調査 FILE:05
ギリギリまでなにかをしている人(後編)

調査対象
伊賀大介」さん

1977年西新宿生まれ。96年よりスタイリスト/フォトグラファーの熊谷隆志に師事後、99年、22才でスタイリストとしての活動開始。雑誌、広告、音楽家、映画、演劇、その他諸々「お呼びとあらば即参上」をモットーに労働。下手の横好きながら、文筆業もこなす。

睡眠問診票

入眠時刻と起床時刻 : 入眠時刻は決まってませんが、だいたいAM1時〜2時くらい? 起床は子供が出来てから6時〜6時半くらいです。
平均睡眠時間 : 5〜6時間?
寝るときの服 : バンドTとか巨人のユニフォームTとかと短パンです。
ベッドor布団 : ベッドで寝ます(いわゆる川の字)
寝るときの部屋の明るさ : 真っ暗にして寝ます。
寝る前に必ずすること : ほんのちょっとだけでも何かしら読んで寝ます。(文庫本でもマンガでも……)
睡眠とは? : 体力回復!(RPGの宿屋的な)

前編はこちら

必要睡眠時間は何時間?

古川 「そろそろ寝るか」っていうタイミングは、どういう風に決めてるんですか? 眠いから寝る、それとも「明日この時間に起きないといけないからそろそろ寝なきゃ」って感じ?

伊賀 それは日による感じですね。明日の撮影が早いとか、あと、子供がいると朝のリミットが絶対ひとつ決まっちゃうじゃないですか。「○時には幼稚園に送りに行かなきゃいけない」とかがあるんで。なので、そこから逆算をして寝ます。

古川 そもそも、睡眠時間は平均5、6時間?

伊賀 そうですね。だから夜の1時、2時ぐらいに寝て、だいたい6時半から7時の間には1回は起きます。

古川 睡眠時間はそもそも短くて済む方? それとも、そこそこ長くないとダメな方?

伊賀  5、6時間寝れば全然大丈夫です。

古川 2、3時間だと厳しい?

伊賀 最近厳しいかもしれないですね。昔は結構大丈夫だったんですけどね。

古川 ちょっとショートスリーパー気味?

伊賀 そうですね。ショートスリーパーっぽくなったのは、たぶん(スタイリストの)アシスタント時代、とにかく寝れなかったから。あの頃はマジで寝れなかったんで。この言葉をみんな使うかどうかわかんないですけど、当時はよく「ちょい寝」って言ってて。

古川 「ちょい寝」って言ってたな、確かに。

伊賀 ありますよね。「ちょい寝」って5分だけ寝たりするのとか。撮影してる師匠の後ろに、兄弟子とオレがついているじゃないですか。「ゴミ取れ」とか「ガムテ貼れ」とか、そういうのがあるんでずっと起きてなきゃいけないんですよ。でも、ふたりでずっと起きていると両方とも潰れちゃうんで。だから「ちょっと先にいいよ」ってお互いに譲り合って、「じゃあ10分だけ……」とか言って、気絶してたんですね。

古川 刑事が2人で張り込みするみたいな感じ?

伊賀 そうそうそう。まさに。「ちょっとちょい寝するわ」みたいな。それで立ったまま寝たりとか。一応、撮影を見ている風の姿勢で、スタジオの端っこで寝ているとか。そういうのをよくやっていたんで、それで結構短い睡眠時間でも大丈夫になっちゃった。

古川 それは20代の頃?

伊賀 19、20、21ぐらいですね。やっぱりいま思えば、体力が全然あった。そのへんからはあんまり寝なくても大丈夫みたいな。あとは自分に言い聞かせているみたいな感じ、ありますよね。

古川 言い聞かせるとは?

伊賀 なんか「いっぱい寝るのはダセえ」みたいなの、あるじゃないですか?

古川 それは人によるよ!

伊賀 ははは。いまは全然ないですけどね。

古川 まぁ、当時はね。

伊賀 だから当時は、自分で、「あんまり寝ないでも大丈夫なんだ」って言い聞かせてました。

12時間インプット、12時間アウトプット

伊賀 話を戻すと、そうですね。いまはもう、家に帰ったらまず部屋着に着替えて、本を読んで2時半とか3時ぐらいになると「まあ、寝るかな」ってベッドに行って。で、部屋のライトが調節できるんですよ。ダイヤルで明るさも変えられるんで、暗めにして、それで角度を変えて……。

古川 ピンスポットみたいに自分の手許だけ当てて……。

伊賀 そうそうそう。それで本をちょっと読んで、「ああ、眠い……」っつって寝るみたいな。

古川 で、バーン!って寝ると。じゃあかなりギリギリまで攻めてる感じなんですね。

伊賀 そうですね。貧乏くせえっつーか。

古川 眠るのはそもそも好きなんですか? 嫌いですか?

伊賀 うーん……昼寝はすごい好きなんですけどね。旅行に行ったときとか、もう、タガが外れるじゃないですか。なんか勉強しないといけない、みたいなのがなくなるじゃないですか。

古川 ああ、はいはい。

伊賀 「まだあの映画観てねーや」っていうのが全然なくなるんで。だから地方とか海外に行ったときに、ビールとか飲んで「眠い……」って寝るのは、超幸せだなって思いますね。

古川 なるほど。

伊賀 あと、ごくたまに、「今日は休むぞ!」って決めた日は、あえて能動的に寝ます。なんて言うんですかね……島本和彦先生みたいな感じっていうか。「あえて、寝る!」みたいな。ああいう感じっすね。

古川 いま、コマのイメージは浮かんだ。「眠いものは、眠い!」みたいなセリフが、太いゴシック体でバーン!って。

伊賀 ははは! あと、ハーロックとか、無頼系の「ふて寝」っていう概念があるじゃないですか。帽子をこうやってこういう風にするやつ……(帽子を目深に被って手をお腹の上で組む)……あの感じですよ。(『ドカベン』の)岩鬼とかもそうですよね。

古川 割り切れば睡眠をちゃんと楽しめるってことか。

伊賀 たまに、ずっとロケが続いて、あまり眠れてないとき、車の中でちょろっと昼寝したりするんですけど、そういうのはなんかちょっと楽しいというか、そういうのはあるかもしれないです。

古川 「ファイン睡眠」というか……睡眠を楽しむための純粋な睡眠。

伊賀 うんうん。そうですね。疲れたときの昼寝は、本当にそれでかなり体力が回復するっつーか。

古川 HPの回復の仕方が半端ないとき、ありますよね。

伊賀 「マジでスッキリしたわ!!」つって撮影にまた戻ったりするじゃないですか。それはあるかもしれないですね。そんな回数は多くないですけど。

古川 たしかに、会心の昼寝ってあるな。

伊賀 アシスタントにも「寝るわオレ。頭、働かねえから」って言って、予告寝するときはあります。

古川 うんうん。

伊賀 だから結局、睡眠は体力回復でしかないっていうか……ゲームの宿屋的な。

古川 ジェーン・スーも言っていたけど、「永遠に充電が切れない携帯があったら、みんなそれ買うじゃん?」って。どっちかって言うと、そのタイプ?

伊賀 はいはいはい。さすが! そうですね。さすが言葉のプロ! すげーな。

古川 じゃあ、寝ないで済むんだったら寝ないよと。

伊賀 そうですね。

古川 そっちのタイプかー。

伊賀 うん。そうですね。

古川 ジェーン・スーは、起きていられるならずっと仕事をしてたいという、アウトプット寄りの人だと思うんですけど、伊賀さんの場合はインプットしていたいっていう感じですか?

伊賀 そうですね……そしたら昼間はアウトプットして、夜はインプットして、12時間インプット、12時間アウトプット。「それ、最高じゃん!」みたいな。「映画超見れるじゃん!」みたいな。

古川 病気だわ、それ。ちなみに、寝覚めはいい方? 悪い方?

伊賀 めちゃくちゃいいっすね。

古川 だと思った。

伊賀 寝起きはめちゃくちゃいいんですね。それは奥さんも言うと思います。だから、朝ですね。いろいろと捗るのが。

古川 ああ、いちばんスッキリしてるから。スイッチがダイヤルではなく、パチン! パチン!のオンオフ型なんですね。

伊賀 そうです、そうです。

古川 じゃあ、本をギリギリまで読んでいて。寝たらもう、瞬間的に記憶がないみたいな?

伊賀 そうですね。オレ、夢もあんまり見ないですね。まどろんで全然寝れなくて、っていうのはほとんどなくて。もうのび太っていうか。結構「のび太」とは言われますね。バクッて寝るんで。

古川 男の人っぽい寝方だな、それ。

伊賀 そうですね。本当にスイッチで、バチン、バチン! みたいな。

古川 女の人は歳とともに眠りが浅くなるとか、睡眠に関するトラブルが多いらしいんですよ。でも伊賀さん、いまのところ、それはなさそうですね。

伊賀 全くないですね。……ってすげーバカっぽいですけど。でもまあ、自覚はしています。

古川 いいですねぇ。気持ちがいいですねぇ。



ベスト睡眠本は?

古川 ベスト睡眠本みたいなのって、ありますか?

伊賀 結構変わるんですよね……なんだろうな? いや、結構変わっちゃいます。でもやっぱり日記っぽいのが多いっすね。

古川 そんなに長くない文章の塊がいくつか連なっていて、起承転結もさほどないような。

伊賀 そうですね。誰がどこに行ってなにをした、みたいな本。つげ義春の旅本とか、ああいうのがいいんですよね。文章自体が現実と夢の狭間っぽくて、そういうのを読んでると速攻寝られる。

古川 へぇ!

伊賀 あとは『バンド臨終図巻』とか……あと、あれ! 山田風太郎の『人間臨終図巻』。これはすっごいいいですよ。

古川 ああ、いろんな人の死に方を集めたやつ。

伊賀 あれはもう最高ですね。別にそこから、人の生き死にに思いを馳せるとかじゃないんですけどね。「いろんな面白い人がいるなー」っていうだけの話で。

古川 ひとつひとつのエピソードのサイズ感がちょうどいいという。

伊賀 そうそうそう。あれ、全3巻の文庫になったんで、それをローテしてる。もうさすがに飽きたんで1回入れ替えたんですけど。

寝具へのこだわり、音へのこだわり

古川 寝具ってなんかこだわりがあります? 枕とか。

伊賀 ないですね。自分で選んだことないです。適当にそこらへんにあるもので。

古川 「そこらへんにあるもので」。

伊賀 そうですそうです。枕を変えたら寝れない、みたいなのもないですね。

古川 部屋の明るさは?

伊賀 寝る時は暗くします。

古川 真っ暗が望ましいですか? それとも、ちょっと明かりがついていた方がいい?

伊賀 いや、真っ暗っすね。

古川 音は?

伊賀 音は日によって、たまーにかけますね。

古川 どういうのをかけているの?

伊賀 それこそブライアン・イーノとか。とにかく歌詞がないやつですね。歌詞があるとダメなんで。

古川 急に人並の発言っていう感じがしますね。リラックスできる音楽をかけて眠るっていう。

伊賀 あと最近娘によく聞かせているのは、日本人のミュージシャンたちがやっている、ビートルズの子守唄みたいな。「りんごの子守唄」(「Apple Of Her Eye りんごの子守唄」)っていうアルバムがあって。それをよく聞いてますね。(ハナレグミの)永積タカシさんがアコギ弾き語りで歌ってたりするような。

古川 へー。

伊賀 昔はみうらじゅんさんに憧れて、落語とか聞きながら寝てみたりしたこともあったんですけど、やっぱり面白すぎるっていうか。

古川 内容に意識を持ってかれちゃうんだ。

伊賀 それもあるし、イヤホンをしているのがすっごい気になるんですよ。たまにやってみるんですけど、もうイヤホンがとんでもないところに行ってたりするんですよね。

古川 スピーカーから聞くのは? しまおさんとかは、スピーカーでラジオを聞いてるって言ってましたけど。

伊賀 ラジオは……なんでですかね? 酒を飲んでいる時に薄くかけておくのは全然いいんすけど、深夜だと予想もつかない話が来るじゃないですか。それこそJUNKとか、いきなり「チンチン!」みたいな……。

古川 とんでもない下ネタが。

伊賀 そうそうそう。それが、寝る前だとちょっとね。あと、番組自体は好きでも、「今週の推薦曲」はイヤだなとか、あるじゃないですか。

古川 はいはい。

伊賀 「なんでこんなの聞かなきゃいけねーんだよ!?」みたいな。だから、感情があまり動かないもののほうがいい。やっぱり本が安定しますね。

やっぱり本が好き

古川 いやぁ、すごい。伊賀さん、いい意味でも悪い意味でも活字中毒だよ。

伊賀 そうっすね……スマホはあんまり見ないっすねぇ……。古川さんはどうしているんですか?

古川 本は減りましたね。昔はそれこそマンガの『餓狼伝』をずーっとループしてるっていう感じだったんですけど。

伊賀 谷口ジローが描いているやつですか?

古川 じゃなくて、『刃牙』の板垣恵介さんが描いているほう。で、『餓狼伝』に飽きたら『刃牙』に戻るっていう。世界が狭い。

伊賀 でも古川さん、格闘技マニアとかじゃないですよね?

古川 じゃないけど、ただ単に板垣恵介が好きなんですよ。

伊賀 なるほど。それは面白いっすね。

古川 昔は『SLAM DUNK』を延々ループしてましたけど。でも、部屋の電気を暗くして寝るようになってから、マンガは読めなくなって。

伊賀 そうっすよね。光源問題ですよね。

古川 そこからスマホを見るようになって、でも電子書籍は慣れないので、動画を見るようになっちゃいましたね。伊賀さんには前に話したと思うけど、キャンピングカーの動画。キャンピングカーを紹介している動画を見てウットリするっていう。

伊賀 はいはい、言ってましたね。ははは!

古川 一瞬でブーム終わっちゃったけどね。キャンピング動画時代。

伊賀 あれ、面白かったっすね。

夜中にこわいWikipediaを見てしまう問題

古川 あと普通にゲームのプレイ動画とか、麻雀のすごい手で上がった動画とかを見ます。猫のやつとか。

伊賀 ああ、オレもたまーに見ますね。清原が高校時代に三振とられた高校野球の名勝負のやつとか。そういうことですよね? 3分ぐらいで終わるやつ。「すごいストレート・ベスト9」とか。「やっぱすげーな!」って。

古川 サッカーのスーパーゴール集とか、そういうのを見ながらウトウトして、スマホをボトッと落とす、みたいな。だから、そう、「スマホの液晶画面のブルーライトが睡眠によくない」みたいなの、実は全くピンと来てないんですよ。見ながらガンガン寝落ちしているから。

伊賀 あとやっぱ、本って濡れたままの文庫とか何冊も持ってるし、グッシャグシャになってもまあ大丈夫じゃないですか。あんまりよくないですけど。でも、スマホだと朝どこにいったか分からないとき、あるじゃないですか。

古川 たまにありますね。変なところに挟まってたり。この層とこの層の間に入るんだ! みたいな。

伊賀 そうそう。それはありますよね。朝探すのもすげー大変じゃん? みたいな。あと、そうだ。あれも読みます。『新潮45』とかのすげー怖いノンフィクション。実録の凶悪犯罪もの。たまにそういう夜ってあるじゃないですか? Wikipediaで未解決事件とか調べるみたいな夜が。

古川 あるあるある!

伊賀 「これ、どうやってこの死体が運ばれたんだろう?」とか。

古川 あるね! 「こえー!」なんつって。あと、北海道のすげー熊のやつ(三毛別羆事件)。

伊賀 ああ! はいはいはい。あれ、ヤバいっすね。

古川 そう。そういうのがやたら充実してるWikipediaを見つけてずっと読み耽るという。

伊賀 わかります……って、やあ、こんな話で大丈夫ですか?

古川 全然大丈夫です。むしろこういう話が聞きたいんですよ。伊賀さん、さすがの最高でした。

伊賀 いやいや、こんなのですいません。

古川 最高ですよ。

調査を終えて

ということで、やはり伊賀さんは最高でした。「印刷物」に目がない重度の活字中毒でありながら、行動原理と語り口は適度にボンクラ。それでいて人当たりはサッパリしていてとにかくめちゃくちゃ人当たりがいいという……こりゃモテるわ! 

また、伊賀さんの睡眠への考え方は、本文でも触れているとおりジェーン・スーに近く、起きている時間のアウトプットとインプットへの強い執着が睡眠への関心度を結果的に下げている。

何度も書いていることの繰り返しになるが、入眠について尋ねるのはその人の起きている時間の捉え方を問うに等しい。もっと言えば、その人の生き方を問うているのとほぼ同じなのだ。しかも、真正面からその問いを当てるよりもはるかに効率よく回答が導き出せる。

我ながら、ちょっといいものを発明してしまった。

いずれこの連載で、睡眠を愛して止まない人、睡眠LOVERの声も拾い上げねばならないだろう。睡眠は果たして単なる充電時間なのか? 興味は尽きず、調査は続く。

伊賀大介さんのお気に入り“入眠本”

燃えよペン』島本和彦・著 小学館 Amazon
貧困旅行記』つげ義春・著 新潮社 Amazon
バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで』速水健朗 円堂都司昭 栗原裕一郎 大山くまお 成松哲・著 文春文庫 Amazon
人間臨終図巻1<新装版>』山田風太郎・著 徳間書店 Amazon
餓狼伝』谷口ジロー・著 MF文庫 Amazon
餓狼伝』板垣恵介・著 講談社 Amazon
スラムダンク』井上雄彦・著 集英社 Amazon
羆嵐』吉村昭・著 新潮社 Amazon
CD『Apple Of Her Eye りんごの子守唄』コンピレーション 日本コロンビア Amazon

おべんとうの時間』阿部了・写真 阿部直美・文 木楽舎 Amazon
毎日が大衆芸能―娯楽・極楽・お道楽』高田文夫・著  中公文庫 Amazon
ブラスト公論』宇多丸・著 シンコーミュージック Amazon
全裸監督 村西とおる伝』本橋信宏・著 太田出版 Amazon
まんが道大解剖三栄書房 Amazon

renaissance01-line

あなたの入眠、大募集

入眠調査室では、あなたが眠る時にしている「ちょっと変わってるかもしれない儀式」を必要以上に細かく聞き取り調査していきます。「あなたの眠り方」「眠る直前に考えていること」「寝るときの服装や持ち物」など、できるだけ細かく具体的に書いて、応募フォームから送って下さい。調査員から調査依頼が届くかもしれません。よろしくお願いします。


SORO_logo_sub

応募フォームはこちらから


今までの入眠調査室
FILE05 ギリギリまでなにかをしている人:調査対象 「伊賀大介」さん 後編
FILE05 ギリギリまでなにかをしている人:調査対象 「伊賀大介」さん 前編
FILE04 お気に入りの”説明”を聴きながら眠る人:君島久美さん 後編
FILE04 お気に入りの”説明”を聴きながら眠る人:君島久美さん 前編
FILE03 睡眠に対してドライな人 : ジェーン・スーさん
FILE02 一日10分しか寝てなかった人 : くぅさん 後編
FILE02 一日10分しか寝てなかった人 : くぅさん 前編
FILE01 一見、ちゃんとしてる人 : しまおまほさん 後編
FILE01 一見、ちゃんとしてる人 : しまおまほさん 前編

renaissance01-line

古川 耕
1973年生まれ。フリーライター、放送作家。「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」「ジェーン・スー 生活は踊る」(共にTBSラジオ)などの構成を担当。アニメーションやコミック、HIPHOP、文房具について執筆。年に一度のボールペン人気投票「OKB48選抜総選挙」主宰。人が眠りにつく過程を必要以上に細かく聞き取っていく「入眠調査」を密かな趣味とする。詩人でデザイナーの小林大吾と制作ユニット「四〇四号室」を主宰。
「四〇四号室」 

ロゴ&イラストレーション:小林大吾

suichan-cmt-08
夜中に一人で怖いWikipedia、、、実はスイも!

更新日:2017年5月19日 書いた人:古川耕

睡眠の大切さに少しでも目覚めたあなたはもう、
立派な睡マー
世界睡眠会議をフォローして
睡マーになりませんか!

ただいまの睡マさんは21973です。