soro-logo

眠りにつくとき、まったくの静寂よりは、なにかしらの音が流れているほうが落ち着いて寝られる──そういう人が決して少数とは言えないくらいの数、存在することは前から知っていた。なので、いつか誰かに詳しく話を聞いてみたいとずっと思っていたのだ。

そうして今回登場することになったキミジマさん。今から7年ほど前、筆者が構成を担当する番組(TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」)の単行本をつくってくれた敏腕編集者さんで、Twitterでのソリッドな発言でも局所的に一目置かれる才媛である。

「そう言えばキミジマさん、なにか動画の音を聞きながら眠りにつくと言ってたな……」と、おぼろげな記憶を頼りにTwitterで取材申請を送ってみたところ、ものの数分ですぐさま了承の返事が帰ってきた。Twitterがあって本当によかった。

神楽坂にある小綺麗なバーで話を聞くことおよそ1時間。思っていた内容とは少し違ったが、でも、ずっとこういう話が聞きたかった気がしている。

眠りについてのパーソナルな作法。理解できるかできないかのギリギリのライン。己の無意識に踏み込んでいく探究心。ここだけは譲れないというこだわり。

ここには、眠りについて語ること、眠りについて尋ねること、その両方の真髄が詰まっている。

入眠調査室室長:古川 耕

renaissance01-line

入眠調査 FILE:04
お気に入りの"説明"を聴きながら眠る人(後編)

調査対象
君島久美」さん

1982年6月23日生まれ。出版社勤務の会社員。出社時刻は毎朝9時。仕事がうまくいかないストレスを日々、趣味のTwitterで発散している。

睡眠問診票

入眠時刻と起床時刻 : 22:30~5:00
平均睡眠時間 : 6時間半
寝るときの服 : 夏→ユニクロの「リラコ」とTシャツ。冬→ユニクロのスウェットパンツとTシャツとパーカー
ベッドor布団 : ベッドの上に布団
寝るときの部屋の明るさ : 真っ暗
寝る前に必ずすること : YouTube視聴
睡眠とは? : 頭の電源オフ

(前編はこちら)

最終兵器の「説明」アプリ

古川 そう言えば僕も以前、(この連載の第1回目に登場している)「しまおまほさんの声を聞いてると寝られる」っていう人に話しかけられたことがあった。ラジオのリスナーさんだったんだけど、「しまおさんの声が一番いいんですよ!」って、女性だったんだけどね。それ、今思い出しました。

君島 そういう人、いると思いますよ。「この人の声がすごい寝られる」みたいな。

古川 ということは、やっぱり説明が好きというより声が好きなのでは?

君島 うーん……とは言え、ASMR動画で「朗読」っていうジャンルがあって、「朗読もいいじゃん」って思って聞いたら、なんかあんまり……。朗読はやっぱり、話の内容が気になっちゃうから寝られない。なんか、つまんない話をしてほしいんですよ。

古川 へ~、ああそう! 落語もじゃあ、ダメだろうか。

君島 ああ、絶対にダメです。ラジオを聞きながら寝る人、いるじゃないですか。

古川 いますいます。それこそしまおまほさんとか、結構いますよ。

君島 なぜ?って思ってしまうんですよ。まあ、テレビもそうだけど。興味はなくても、やっぱり内容があると集中しちゃうじゃないですか。ラジオなんてもっと面白いし。だから、それじゃあ寝れない。だけど音楽だと、私の癖の、「心配心配」が出ちゃう。「明日の仕事はどうしよう?」っていう自分の考えが音楽に勝っちゃうから。だから、つまんないことをずっとしゃべっているっていうのがいちばんたぶん、自分の考えを阻害するのに最適。

古川 お経とかじゃダメなんでしょう?

君島 お経はたぶん音楽と一緒になっちゃう。内容が分からなすぎて。

古川 英語の音声とかもそうか。声ならなんでもいいっていうことじゃないんだ。

君島 ないと思います。それでね、一応毎日ASMRで寝ているんですけど、いざという、本当に朝の4時起きでどこかに行かなきゃいけないとかいう、そういう時。本当に絶対に寝なきゃいけない時は……「寝たまんまヨガ」ってアプリ知ってます?

古川 寝たまんまヨガ? いや、すいません。知りません。

君島 そうそう。これこれ。アプリがあって。これ、ヨガなんですよ。これはなんと……聞いてください。ぜひ(アプリを起動する)。

アプリ音声 「これから、ヨガニードラを始めます……」

古川 説明だ!

君島 説明説明。で、指示されるんですよ。「こうして、ああして……」って。「息を吸ってください」とか。

アプリ音声 「自分の深い意識へと語りかける、大切な瞬間です……」

古川 しかも15分ぐらいある。

君島 長いのもいいんだよなー。

アプリ音声 「無限の可能性を秘めた、内側の泉へと……」

古川 しかも、完璧な説明ですね。

君島 そうそう。

アプリ音声 「中指……薬指……」

君島 なんか、「意識を中指に持っていきましょう。次は、薬指……」とか、延々と自分の意識の持っていき方を指示してくれる。

古川 へー!

君島 これ、確実に寝れますから。これはぜひ、寝れない人、やってください。でもあんまりこれ、毎日やっちゃうと癖になっちゃうから。

古川 耐性がついちゃうんだ。

君島 慣れちゃうとちょっと怖いなと思っていて。だから普段はMakotoさんにお願いしておいて。

古川 それでいざという時はキツいやつを……。

君島 寝たまんまヨガですよ。

古川 プラネタリウムの音声ガイドとか、結構近いんじゃん?

君島 ああ、いいかもしれませんね。なるほどなるほど。

古川 あとさ、環境音アプリみたいなのってあるじゃないですか。川のせせらぎとか、喫茶店の店内とか、街の雑踏とか。ああいうのはでも、説明じゃないからダメ?

君島 うん。声がちゃんと聞こえてほしいですね。

古川 せせらぎとか、興味なし?

君島 うん。全然いらないですね。「うるせーな」って思っちゃう。

古川 極端だな。

君島 だったら無音の方がまだいい。別に無音で寝れないわけじゃないんですよ。動画がないと寝れないっていうほど依存はしてないんですよ。入浴剤ぐらいの感覚。あるとよりよいかな、ぐらいの。

古川 一応、こっちに向って話しかけているけど、そこまで面白くはないというのがいいのか。

君島 そうそう。面白くないことが大事……って、Makotoさん、ごめんなさい。

古川 かと言って、意味がなさ過ぎると音楽になってしまう。インストゥルメンタルになってしまうということなんですね。

君島 そうなんですよ。なんか、自分がついくさくさ考えちゃう方だから、それが上手い具合に……。

古川 ちょっと意識を持っていかれたい?

君島 そうですね。

古川 でも、意識を持っていかれ過ぎたくもないんだ。

君島 そうなんです。そうすると、またそっちが気になっちゃうので。

古川 そこのバランスなんだ……面白い! なるほどね。

君島 知り合いがね。その人も音フェチにハマっていて。その人が、「ちっちゃい頃にお母さんが隣の部屋で、家事やお化粧をしていた記憶と繋がっていて、安心するんじゃない?」って言っていて、なるほどなって思って。子供の頃の懐かしい、安心する記憶。それもあるのかな?って。わからないけど。

古川 へぇ、面白い。つまり、動画とか言っているけど、要は音だけを聞いているんだよね?

君島 あ、そうですそうです。画面は見てないです。本当は見た方がいいのかも、とも思うけど。いろいろ演じてくださってますからね。映像的にも。でも、見ていないですね。

古川 イヤホンとかじゃなくて、スピーカーで聞いているんだよね?

君島 枕の横にスマホを置いて流している。だから、画面の光は天井のほうに向かってる。

古川 その動画を再生して、何分ぐらいで寝ているんですか?

君島 さっきの51分のメイク動画、あったじゃないですか。あれ、最初の10分ぐらいしか内容を知らないんですよ。後半、なにが起こっているかはまったくわからない。

古川 それまでに寝ちゃうからわからないんだ。

君島 そうなんです。

古川 へー……面白い。ASMRで寝る人の気持が、ようやくはっきりくわかった気がする。

君島 ああ、でもわかんないですよ。みんながこういうんじゃないとは思うけど。

「女性に音フェチ多い説」の真相は?

古川 僕、ラジオの特番で「音フェチ女子会」っていう番組を数年前にやったことがあるんですよ。いろいろニッチな音を女性出演者たちが愛でるって内容だったんだけど、その番組の裏テーマは、聴覚に対する感覚って女性のほうが鋭いんじゃないか? という仮説があって。

君島 あ、じゃあそれを裏付けられるかもしれない話を。ちょっとスイートな話になっちゃいますけど……。結構前、男性のお家に泊まることになるような良いことがありまして。そういう時に私、男の人と一緒に寝たくないんですよ。寝れないから。で、男の人はソファーで寝てくださって、「ちょっと寝づらいかもしれない」とか言うから、ああ、これはいいことを教えようと思って、さっきのヨガのアプリをね……フフフ……「これを2人で聞けば、私も寝れるし、彼もその狭いソファーでも寝れるからWin-Winじゃん。これはいいだろう」って、私が流してあげたんですね。それで私はもちろん爆睡したんですけど。そしたら次の日の朝に苦情が入りまして。「いつまでも、なんか訳がわからない、シャバアーサナがどうとか、顔をすぼめろとか、人差し指がどうとかずーっと言っていて、寝れなかった」って。

古川 あはははは!

君島 「なにあれ? ずっとしゃべってるね」とか言われて。

古川 男はダメですね。

君島 でも、「ごめん!」って思いましたけど。最悪。ベッドも取って。

古川 ははは。

君島 まあ、しょうがないですよね。そんなのね。

古川 男性には効き目がなかったと。

君島 またスイートな話になっちゃいますけど、かつて遠い昔に彼氏がいた時、ピロートークじゃないけども、入眠語りをせがむ方でした。「つまらない話をしろ」って。

古川 ひでぇ! それ、彼氏は嫌だったと思いますよ。実際、つまらない話はしてもらったんですか?

君島 してくれました。仕事の話とか。フフフ……。

古川 いろんな意味でひどい。

君島 男の人って、めっちゃ早く寝るじゃないですか。

古川 なになに? それは時間帯の話、それとも、スピードのこと?

君島 男は早寝!

古川 ああ、布団に入ってから寝るまでの?

君島 っていうか、なんか一緒に寝る時とか、すぐ寝て、なんかうるさいし、体温高いし。歯ぎしりとかするし。本当になんか、考えてほしい。

古川 いや、でもまあ女性でも……そうね、一緒だと寝れないっていうのは女性の方が多いかな……いや、どうだろう?

君島 結婚している人とか同棲している人とか、いったいどうしてるんだろう? 自分が昔、どうしていたかも忘れてきましたけど。私、この間、親が家に泊まりに来て、それで寝れなくなっちゃって。「もう家族もダメなんだ!」って。私の神経質、ここまで来たかっていう。寝れないですよね。みんな、どうしているのかな?

古川 人にもよると思いますけどね。まあでも、男の方が得てして寝てるのかな?

君島 寝てますよ。アホみたいに。

古川 すいません。いやー、でも、今日はありがとうございました。もう、ばっちりです。

君島 やったー。今後はどういう人に話を聞くんですか? もう決まっているんですか?

古川 女性が続いたので、今度は男の人を探そうかなと思ってます。

君島 男なんて、話ないでしょう? どうせすぐ寝るんだから。

古川 あるよ!

君島 でも、いいですね。本当にこういう話、大好き。やっぱり自分がちょっと強迫神経気味で、いろんな癖があるから、人の癖も気になるんですよ。他の人にはどういう習慣があるんだろうって、すごい気になります。なんでも気になる。だから頑張って下さい。

古川 頑張ります。

renaissance01-line

調査を終えて

キミジマさん、ときおり飛び出す男性への理不尽なDISを除けば、睡眠の話をすること自体が大好きという、当連載には打って付けの人材でした。

しかし彼女がここまで睡眠について関心を持つようになった背景には、それくらい睡眠と真正面から向き合わざるを得ない問題意識があったからで、そう考えると笑って聞いてるだけでいいのかという気もちょっとしてくる。勤め人の睡眠プレッシャーはかくも深い。

そしてやはり、まだ我々は睡眠について語り足りていないのだ。一足飛びに理想の睡眠方法を求める前に、まずは私が、そして隣のあなたが、どんな睡眠をしているのかをよく知ること。眠りについての多様性を知ることが、「あなたらしい眠り」への遠い近道なのだと思う。

renaissance01-line

君島さん推薦「寝れる」動画

お気に入りの「Makoto」さん動画

https://www.youtube.com/watch?v=tbb0d0Z2cIE
「化粧品の説明動画。長いので寝るのに最適です。ケースを開け閉めするなど『音フェチ』的な要素も多いです」

https://www.youtube.com/watch?v=_HK-lV9bRro
「なぜか『IKKO』を名乗っている動画」

https://www.youtube.com/watch?v=HHPDf1Hr9Yw
「恋人っぽいロールプレイング。若い女子向けでしょうか」

ASMR動画以前に見ていた動画

https://www.youtube.com/watch?v=UWHOldtomE8
「奈良の美容室によるヘッドスパの『説明』」

https://www.youtube.com/watch?v=j0ytCN0dLa4&t
「日本イヤーエステ協会の耳かき動画」

その他

https://www.youtube.com/channel/UCTfcXAPxCIn8fyKrRDqQ6dA
「韓国のイケメンBabziくん。アラいいですね~」

https://www.youtube.com/channel/UCsuYEYtsPwJEhJpUt1dTVWA
「ラテン系イケメンanoくん。アラいいですね~」

https://www.youtube.com/user/PPOMODOLI
「韓国で人気があるっぽい女子。『双子ASMR動画』とかもあっておもしろいです」

renaissance01-line

あなたの入眠、大募集

入眠調査室では、あなたが眠る時にしている「ちょっと変わってるかもしれない儀式」を必要以上に細かく聞き取り調査していきます。「あなたの眠り方」「眠る直前に考えていること」「寝るときの服装や持ち物」など、できるだけ細かく具体的に書いて、応募フォームから送って下さい。調査員から調査依頼が届くかもしれません。よろしくお願いします。


SORO_logo_sub

応募フォームはこちらから


今までの入眠調査室
FILE08 眠る前に妄想で物語を考えている人:赤木舞子さん(前編)
FILE07 眠るの大好き派の人:小林大吾さん(後編)
FILE07 眠るの大好き派の人:小林大吾さん(前編)
FILE06 意識高い眠りの人:西山瞳さん(後編)
FILE06 意識高い眠りの人:西山瞳さん(前編)
FILE05 ギリギリまでなにかをしている人:伊賀大介さん 後編
FILE05 ギリギリまでなにかをしている人:伊賀大介さん 前編
FILE04 お気に入りの”説明”を聴きながら眠る人:君島久美さん 後編
FILE04 お気に入りの”説明”を聴きながら眠る人:君島久美さん 前編
FILE03 睡眠に対してドライな人 : ジェーン・スーさん
FILE02 一日10分しか寝てなかった人 : くぅさん 後編
FILE02 一日10分しか寝てなかった人 : くぅさん 前編
FILE01 一見、ちゃんとしてる人 : しまおまほさん 後編
FILE01 一見、ちゃんとしてる人 : しまおまほさん 前編

renaissance01-line

古川 耕
1973年生まれ。フリーライター、放送作家。「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」「ジェーン・スー 生活は踊る」(共にTBSラジオ)などの構成を担当。アニメーションやコミック、HIPHOP、文房具について執筆。年に一度のボールペン人気投票「OKB48選抜総選挙」主宰。人が眠りにつく過程を必要以上に細かく聞き取っていく「入眠調査」を密かな趣味とする。詩人でデザイナーの小林大吾と制作ユニット「四〇四号室」を主宰。
「四〇四号室」 

ロゴ&イラストレーション:小林大吾

suichan-cmt-08
新説、男はどうせすぐ寝る!(笑)

更新日:2017年4月6日 書いた人:古川耕

睡眠の大切さに少しでも目覚めたあなたはもう、
立派な睡マー
世界睡眠会議をフォローして
睡マーになりませんか!

ただいまの睡マさんは24416です。