soro-logo

この連載で初の“初対面調査”である。

また同時に、ジャズピアニストの西山瞳さんは、初めて応募フォームからコンタクトを取った人でもある(応募フォームはページの下の方にあります)。

実は西山さんのことは以前から知っていた。筆者が放送作家をつとめているラジオ番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」で、この連載の前身とも言える入眠特集をしたことがあるのだが、そこでガチな入眠方法をメールしてきてくれたのが西山さんだったのだ。

そのメールはもはや“西山メソッド”と呼ぶにふさわしい完成された方法論となっており、こいつはやべぇ、いつか会って直接調査しなくては、と要注意人物リスト(いい意味で)の上位にその名が刻まれていたのである。

そして今回、満を持しての初対面調査。待ち合わせの喫茶店に颯爽と現れたのは、知的な雰囲気をまとった大変素敵な女性であり、「(マズイ!)」と思わず尻尾をしゅーんと巻き上げそうになったものの、挨拶してものの数秒で、「(あ、大丈夫!)」となったのである。

詳しくは本文をどうぞ。

ちなみに同席しているのはTBSラジオのヘヴィリスナーなら『菊地成孔の粋な夜電波』でお馴染み、「バーテンダー見習いベーアー」こと、西山さんの所属する「Apollo Sounds」レーベルオーナー阿部淳氏である。

入眠調査室室長:古川 耕

renaissance01-line

入眠調査 FILE:06
意識高い眠りの人(前編)

調査対象
西山瞳(ジャズピアニスト)」さん

1979年生まれ、大阪府出身、ジャズピアニスト。横濱ジャズプロムナード2005コンペティション優勝。インターナショナル・ソングライティング・コンペティション2009(アメリカ)ジャズ部門3位受賞。これまでに16作品のCDをリリース。ヘヴィメタルの名曲をピアノトリオでカヴァーした2015年発表CD『NEW HERITAGE OF REAL HEAVY METAL』が、ロングセラー中。全国のジャズフェスティバルやイベント、ライブハウスなどで演奏。

睡眠問診票

平均睡眠時間 : 6時間~7時間
寝るときの服 : 夏は綿のTシャツと綿のステテコ/冬は上下綿の肌着を着てフリース素材のパジャマ、絹の五本指ソックス
ベッドor布団 : 布団
寝るときの部屋の明るさ : ぐっすり眠りたい時はアイマスクをするので、部屋が明るくても特に気になりません。
寝る前に必ずすること : スマホで目覚しアラームを二重にセット。同時に体内時計の起床時間もセットするのか、アラームの鳴る5分前には起きてしまいます。
睡眠とは? : 集中力をキープするために、また、次の日の身体が快適に動くようにするために、身体を整えるとても大事な時間。

「意識高い系眠り」の人、初登場

古川 以前から番組(TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」)にメールを頂いてましたよね。

西山 ちょいちょい送ってます。ふふふ。聞ける時はいつも送っています。

古川 いつもありがとうございます。僕が強烈に西山さんの名前を意識したのは、番組で入眠特集をしたときにメールを頂いて、「すごい人が来た!」とびっくりしてしまいまして。

西山 ははは。本気で寝ることを考えてますからね。

古川 まあ、有り体に言えば若干引きつつ……。あと、本当に言葉が悪いんですけど、「意識高い系の眠りだな」って。

西山 そうなんですよ。寝ないと死にますからね。仕事が。

古川 そこで今日このインタビューに至るということなんです。これまでは僕の知り合いばかりに話を聞いていて、しかもだいたいなんて言うのかな……雑な人たちばっかりに。

西山 しまおさんとか。ははは。

古川 そうそう。それからジェーン・スーみたいに寝ることにそもそも関心がない人とか、伊賀大介さんみたいに、ギリギリまで本を読んでバターン!って気絶するみたいな人とか。寝ることに対してあまり前向きじゃない人が続いてですね。ここはぜひ一度、意識高い系の眠りの人に話を聞いてみよう! と思ったんです。

西山 わたし、超高いですよ。ふふふ。

古川 高いですよね、やっぱり。そういう人の話をがっつりお伺いしたくて、なので今日は初めて「初対面にして初調査」という、若干気まずさも感じるインタビューです。

西山 いえいえ。

入眠時刻はまちまち、されど睡眠時間は一定

古川 じゃあ早速お話をうかがいたいんですけど。問診票にも回答いただいて、見させてもらいました。寝る時間っていつも決まっているんですか?

西山 いや、決まってないですね。だいたい演奏が終わって家に帰ってくるのが深夜1時ぐらいなんで。で、翌日にもライブがあったらだいたい3時までには寝るようにしていて。でも、学校で教えたりとかそういうこともしているので、朝10時からレッスンとかそういう日の前は、もっと早く寝たりもします。結構イレギュラーですね。まあ、常に逆算して、何時間寝れるか?っていうのは考えて。仕事も入れつつ、眠りも確保しつつですね。

古川 そうか。毎日仕事がいろいろと違う時間帯だから、それに応じて寝る時間も変わってきちゃうと。でも、いずれにせよ睡眠時間はわりとしっかり確保するようにはされている?

西山 6時間は必ず確保するようにはしています。

古川 6時間ですね。ふむふむ。まあ、ショートスリーパーというほどではない。

西山 ないですね。

古川 これ、6時間で足りている感じですか?

西山 足りている感じです。

古川 寝る時の服装も書いてもらってますけど。家に帰ってくるじゃないですか。そうしたら、まず着替えるんですか?

西山 着替えますね。

古川 それはいったん部屋着なのか、それともいきなり寝間着的なものなのか。

西山 部屋着です。

古川 部屋着。なるほど。家に帰ります。部屋着に着替えます。で、寝る時にまた寝間着に着替える?

西山 そうですね。

古川 段階をちゃんと踏んでいるということですね。

西山 寝る時はきれいな服で寝たいから。

古川 ほう。

西山 それで、そうですね。なんか家で雑用をしてたら、やっぱりなんだかんだ汚れそうだから。寝る時は寝る時で別にしていますね。

古川 パジャマはじゃあ、問診票にも書いてますけども、「夏は綿のTシャツと綿のステテコ。冬は綿の肌着でフリース」

西山 両方ともゴムは絶対にイヤなんですよ。とにかく体がリラックスしているようにゆるゆるのやつを着てます。

古川 ああ、そこからすでにちょっと意識の高さが感じられますね。

西山 締め付けるとか、ないんで。ステテコも、だいたいヒモ付きのものにしていて。

古川 洗濯のペースはどんな感じなんですか?

西山 夏は毎日ですよ。冬のフリースはそんなに汚れないんで、適当なタイミングですけど。でも汗をかくから、それなりに。

古川 きれい好きでもあるんですか?

西山 というより、布団は聖地なんですよ。布団を汚したくないから、メイクを落とさずに寝るとかも絶対にしないし。夫もそうなんで。とにかく布団の上はきれいにしていたいんです。

古川 シーツ替え期間もひとつの目安なんですけども。

西山 シーツはでも、そんなに替えてないかな?

古川 毎日とかそういう勢いではない?

西山 着ている物は毎日替えているから。

古川 シーツはそこまでではないと。なるほど、わかりました。

「出た、ストレッチ!」

古川 じゃあ、1時に帰ってくるじゃないですか。で、寝る時間までの時間がありますよね。そこから、さあ寝るぞっていうのはどういうきっかけでモードチェンジするんですか?

西山 お風呂に入る時ですね。お風呂に入って、身体が冷めるタイミングで寝るようにしているんで。ストレッチして。

古川 えっ、ストレッチ? 出た、ストレッチ! 初めてですよ、この連載でストレッチという単語が出たの。

西山 みんなしないんですかね? 普通するもんやと思ってた。ふふふ……。

古川 ストレッチの「ス」の字も出てきてないですね。

西山 あ、本当に? うち、夫もミュージシャンで、やっぱり周りの人もみんな意識してやっている人は多いですよ。運動する仕事だから。

古川 まわりはジャズをやってらっしゃる方が多いんですか?

西山 そうですね。最近はみんなお酒も飲まないし。

同席していたレーベルオーナーの阿部氏 あ、本当? みんなストレッチやってるの?

西山 やってると思う。

阿部 全然知らなかった……。

古川 ラッパーとかは絶対してないですよ。ストレッチとか。

西山 ラッパーはしなさそう。

阿部 まあ、ジャズの人も相当雑な人いっぱいいますよ。

古川 ですよね。

西山 まあ、類友で、そういう人たちが周りに多いのかもしれないです。

古川 ちゃんとしてる。すごい。アスリートみたいな感じなんですね。

西山 でも、実際それに近いです。局部的なアスリートやと思いますよ。変な寝方をしたら次の日のパフォーマンスにも大きく影響があるから。だから、なるべくきれいに寝るようにするんです。

古川 完全に職業意識、プロ意識として睡眠を大切にしていると。

西山 それですね。

古川 すごいな。全然いままでの人と違う!



入浴は睡眠の準備段階

西山 お風呂に入って、しっかり温まって。で、ちょうど身体の熱が冷める頃にきれいに寝れるから、それに合わせて眠る感じですね。

古川 じゃあ、お風呂に入るのは完全に睡眠に向けての準備段階という。

西山 はい。入って出てからはもうダラダラすることはないですね。

古川 身体を一度温めて、そこから冷めていく過程で眠くなるというのはよく言われることなので、理屈としても確かにばっちりだと思います。

西山 実際にそうやと思いますね。特に冬はやっぱり、一回本当に身体が冷えちゃったらもうよく寝れなくなるから。いいタイミングでゆるやかに冷めていく時に寝るのがいちばん眠りやすいですね。

古川 そこまでちゃんと計算して。自分の中であるんですね。方法論が。

西山 あります。

古川 じゃあ、眠いから風呂に入るというよりは、睡眠を6時間確保するために計画的に動き始める感じなんですか?

西山 もちろん眠いからそうする時もありますよ。

古川 ああ、日によるんですね。

西山 そうですね。

古川 なるほど。では続けると、風呂入ります、上がります、ストレッチします。

西山 はい。

古川 ストレッチはどこでやっているんですか?

西山 ストレッチは布団の上でしていますね。寝間着に着替えて。それで、髪の毛を乾かして、もう寝ますっていう感じになるんで、そこからちょっと体を動かして、寝ます。

古川 部屋の明かりは、ストレッチの時はついている?

西山 ついてますね。

古川 なるほど。ストレッチが終わりました。もう寝るとなったら、まず電気を消す?

西山 消します。

「出ました! アイマスク」

西山 あ、でも夫の方が寝るの遅いんで、まだ部屋が明るいんですよ。だからだいたいアイマスクをしていますね、わたし。

古川 あ、出ました! アイマスク。

西山 アイマスク、最強ですよ。

古川 ついに出ました。アイマスクもはじめてこのインタビューで出ましたね。アイマスクって実は結構種類あるじゃないですか。どんなのを使っているんですか?

西山 うーん。わたし、たまたま買ったやつが締め付けなくてよかったから。真っ黒で、光を完全に遮断しちゃうから使い心地がよくて使っていますけどね。ただね、形がブラジャーみたいでイヤなんですよ。

古川 ブラジャー?

西山 なんか変なんですよ……けど、めっちゃフィットする感じのやつやから……(と指で形を作ってみせる)。

古川 ああ、真ん中がちょっとへこんでる感じ……赤塚不二夫のおまわりさんみたいな感じだ。

西山 あれよりもうちょっとメガネっぽいんです。

古川 なるほど。最近だと寝る前にスマホを見る人が多いですけど、そのあたりはどうです?

西山 そうですね、スマホのアラームで起きているから、そのセットのために見て、あとはおやすみなさいっていう感じですね。昔は一時期、数独にハマっていて、「もうわからん!」って寝るのが好きやった時はありましたけど。でも今はもうしてないですね。



西山睡眠法の土台「アレクサンダー・テクニーク」

古川 ストレッチが終わりまして、スマホでタイマーをかけまして、アイマスクをします。で、ここからなんですけど、まさにそれが以前番組にメールを送ってもらった……。

西山 めっちゃ長いやつや。ガチのやつ。

古川 そうそう。世界睡眠会議の投稿フォームから投稿いただいて、それも文字数制限をオーバーしたので書ききれず、フェイスブックの自分のページへリンクが貼ってあるという。

西山 ふふふ……。

古川 これについて細かく伺いたいんですけど。これは言わば「西山メソッド」と仮に名付けましょうか。これ、毎日やられているんですか?

西山 ほぼ毎日ですね。寝るって決めたら、その作業をして、その間に寝ちゃっているので。

古川 はいはい。では、それを改めて説明していただいてよろしいですか?

西山 はい。まず、布団に寝ます。身体がどこか曲がっているとかそういうことがないように、仰向けで。リラックスできる状態で仰向けになるんですけど、そこから全部「切り離して」いくんですよ。

古川 「全部を切り離して」いくとは?

西山 自分で自分の足が動かせないとか、指がもう動かせないっていうような暗示を、身体の各パーツにかけていくような感覚ですかね。最終的は息をする動きだけしか感じられないように、順番にひとつずつ切り離していくんですけど。それは「アレクサンダー・テクニーク」っていうのをやっていたから出来ることやとは思うんですよね。アレクサンダー・テクニークというのは、もともとピアノを弾くために……ピアノってわりと惰性で、たとえば運指(うんし)とか指の流れの連動で覚えたりするところを、ちゃんと動きひとつずつに頭から指示を出して、「ここを弾く時、こう弾かずにこう行きましょう」とか、「この動作の時に、この部分の筋肉に余計な緊張が入るから、それを解いていきましょう」とか、身体がそこに向かうのに一番リラックスできる指示を出すっていうのが、ひとつの目標なんですよ。

古川 なるほど。

西山 で、指先や身体のパーツと頭を全てつなげていくという状態を常に作っていくんですね。だからわたしはそれを逆に、全部その意識を切り離していくようにっていう作業をしているんですよ。

古川 「脳と指先がちゃんと繋がっている」というのを意識させるまでがアレクサンダー・テクニークのメソッドで、それを逆流させたのが西山メソッドになっているわけですね。

西山 そうですね。本当に逆の作業をしているだけなんですけど。そもそも座り方とか立ち方とか、そういうところからするもんなんですよね。だから、なにか作業をしていたら、必ずどこかに負担がかかっているのを、骨盤とそれから背骨……骨盤の上に背骨が乗って、その上に頭蓋骨とこの背骨がくっつくポイントがあって、頭がきれいに乗っているという状態で作業をするのがいちばん負担がないはずなんですよね。で、それをまずやるっていうのがアレクサンダー・テクニークのいちばんの大原則なんですよ。

古川 ふんふん。

西山 頭蓋骨と背骨、そして骨盤。ピアノを弾く人は、肩甲骨と鎖骨から腕、肘、手首、指先まで。とにかく身体を効率よく、ストレスなく使うっていうのがアレクサンダー・テクニークを学ぶ目標なので。今日、その本も持ってきたんですけど。

古川 ああ、ちゃんと本も出ているんだ……分厚いな!

西山 いっぱいありますね。これ、ピアニストのやつなんですけど。

古川 『ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと』。トーマス・マーク。(中をめくって)うわ、医学書みたい。すごいなこれ!

西山 そう。で、どこを動かしてどういう風に動きをするとか。これ、身体が今どこを動かしているか?っていうのを自覚するっていう、ボディ・マッピングっていうのがあって。アレクサンダー・テクニークの中で。これがピアニスト用のボディ・マッピングの教科書なんですよ。

古川 へぇ!

阿部 俺も初めて見た、これ。

古川 「だれでも知っておきたい」って書いてありますよ。

阿部 俺もピアノ、やってたんですけどね。

西山 アメリカの音楽大学だったら、ちゃんとそのクラスがあるんですよね。アレクサンダー・テクニークの。日本では全然ないんですけど。やっぱりその、長く演奏をしていると、どうしても故障したりとか、絶対にどこか悪くするので。

古川 故障?

西山 はい。腱鞘炎だったりとか、それこそ声が出なくなるとか。

古川 そうか。故障か。たしかに身体を使う人たちだから故障もしますよね、そりゃ。

西山 普通だったら疲労骨折するぐらいの作業をずっとしているわけなので。時間に直したら。だからまあ、こういうメソッドがあって。ジャズって、その場で起こったことに対して自分の知識や経験や頭の中のストックで弾くので、反応速度が命なんですよ。耳で聴いて、頭で考えて、それを手から出すっていう流れとして。だからそのために、耳と頭と手のリンクをよくしておく。アイドリング状態をずっと保っておくっていうか。なので、いつもすごく、なんだろう、エヴァに乗っているかのような……。

古川 エヴァンゲリオンのパイロットみたいな感じ。

西山 そう、自分が動かしているけど、身体は別のロボットっていう状態っていうのは、結構感覚としてみんな持っているところがあると思うんですけど。その接続を切り離していく作業の中で結構寝られるんですよ。

古川 ああ、そうか。ピアノを弾く時はそれを接続していって、寝る時はその接続を切り離してくようなイメージなんだ。

西山 はい。「脱力しましょう」とかいろんなことで言うけど、「脱力って何?」っていう話なんですよね。たとえば、身体を横にして寝ているっていうことでもひとつ、不自然な作業をしているとも言えるわけで。どこかは絶対に筋肉に負担がかかっているから。なので今身体がどういう状態かを自覚して、その自覚を外してくんですよね。「もうここの筋肉は動きません」っていうように。足の指の先からいつもやっているんですけど。「足の指はもう動きません」って切り離した状態にすると、本当に動かそうと思っても動かなくなってくるんですよね。

古川 へえぇぇ。

西山 金縛りを自分で作るような状態ですよね。頭は残っているけど、どんどん離していって、もう結局残るのは息をしているお腹だけなんですよ。腹式呼吸で息をしているから、ここだけは勝手に動いているんですけど、他のところは関節のストレスとか全部外していったら、結構体が動かなくなります。

古川 はー!

西山 それでもう、身体が先にもう寝ちゃっているというか。自分のコントロール外になっている状態になる。

古川 もう完全にOFFになっているわけですね。身体が。

顔の脱力がいちばん難しい

西山 いつもその作業をしていて、いちばん力が入っているなと思うのは、顔なんですよ。

古川 顔?

西山 顔って、仰向けになった状態で力を抜こうと思ったらナンボでも抜けるんですね。顔の力を抜くって結構難しいことで。顔っていつも力が入っているんだなってすごい思います。

古川 はいはい。なんかそれ、ひとりで風呂とかに入っている時にちょっと思ったことあるな。顔の力をどこまで抜けるか?ってやると、ものすごいバカみたいな顔になるじゃないですか。

西山 そうそう。そうなんですよ。なんか泥にワーッて溶けていくイメージで。

古川 プロディジーのジャケみたいな(「MUSIC FOR THE JILTED GENERATION」)。


プロディジー『MUSIC FOR THE JILTED GENERATION』

西山 ははは。そうそう。アレクサンダー・テクニークのレッスンの時によく、アメリカのボストンの音楽大学などで教えているデビ・アダムスさんっていう高名なアレクサンダー・テクニークの先生がいるんですけど、彼女に1回レッスンを受けた時には、なにかをしている時には地面とコネクトしていることを意識しなさいって、ずっと「Connect,Connect,Connect,…」って言われるんですよ。

古川 地面?

西山 そうなんですよ。今どこに何の体重がかかっているかっていうことと、上(上半身)のストレスを抜くためには地面と繋がって、力を地面に逃がしてあげましょうという話で。それをずっと「Connect」って言われていたんですよね。だから寝る時には半身全部地面に着いているから、そこが地面とコネクトするっていうイメージをずっと作っていったら、結構体の力が抜けて寝やすいというか。

古川 へー! 意識が高いっていうのとはまたちょっと違う気がしてきたな。面白いです。

西山 一度アレクサンダー・テクニークのメソッドを体感としてわかったからできることではあるかもしれないんですけど。でも、以前タマフルで入眠特集をしたとき、似たような投稿をしてた方がいらっしゃいましたよね?

古川 ああ、いましたね。そのメールを紹介したあと、「これを独自にメソッド化している人がいます」って言って西山さんのメールを紹介したような記憶があります。

西山 あの人もおんなじようなことやと思いますよ。

古川 じゃあ、ボディ・マッピングで足の指からスイッチをどんどん切っていって、「これはもう動きません」というふうに自分の中で端末毎にOFFにしていくと。で、それを徐々に、下半身が終わったら次は腕で、というふうにしていく。

西山 腕でも指から。で、次はここの関節、ここの関節って。

古川 肘、肩……。

西山 肩まで来て。最後、残っているのが顔になったら、顔がなかなか時間がかかりますけども。でも、そのあたりでもうだいたい寝ていますね。

OFFにしている間は夫と喋っている

古川 あ、そのあたりでもう寝ていると。ふんふん。それ、旦那さんと同じ部屋で寝ていらっしゃるじゃないですか。旦那さんはその作業のことは知っているんですか?

西山 話をしたら「感覚はわかるけど……」って言ってましたね。わたしと同じことをしているわけじゃないけど、まあ理解はしていると思います。

古川 ああ。じゃあ旦那さんとしては、「あ、また始まったな」っていうふうに見ているんでしょうね。おそらく。

西山 はい。わたし、関西人で、もうずーっと喋ってるんで、だから最後まで口は動いていたりするんですよ。ずっと喋ってる。

古川 えっ? これ、やりながら喋ってるんですか?

西山 はい。

古川 えっ? 喋りながらできることなんですか?

西山 できますね。わたし、ピアノ弾きながら寝たりもできますしね。

古川 えっ?

西山 もちろんライブ中にはしないですけど。なんか本当にどうでもいいような時やったら、弾きながら寝てたりすることありましたよ。

古川 そんなことできるんですか?

西山 できます。

古川 ええ~……。

(後編へ続く)

【付録】

(西山さんが応募フォームから投稿しようと思ったものの、あまりの長文のために文字数制限に引っかかって投稿できなかった「西山メソッド」。その一部を転載いたします)

仕事柄、毎日身体の一部を局部的に使うので、寝方が悪いと翌日の演奏や練習、全てに支障を来します。
たまに、「横を向いてずっと寝ていて、翌日右肩だけ重い」など身体のバランスが崩れると、翌日かなり困ります。
また、睡眠不足で集中力がなくなることも大問題です。特に即興演奏をするので、演奏の時間は心身共に鋭敏にアイドリング状態にしておかないといけません。
ですので、良質な睡眠、良い姿勢には気を遣っている方だと思います。

「アレクサンダー・テクニーク」をご存知でしょうか?
演奏家やダンサーの中には、これに取り組んでいる人も多いのですが、リラックスしたパフォーマンスができるように、身体の仕組みを理解し、主に頭、首の関係を意識して、身体と脳を繋げるトレーニングをするものです。
そのアレクサンダー・テクニークに関連した作業で、「ボディマッピング」というものがあるのですが、私はピアニストなので、指先を動かすために、骨格や筋肉の構造や機能を理解し、脳からの指示を四肢や末端まで、リンクを良くする作業です。
それを学ぶようになってから、眠る時に、「ボディマッピング」と逆の行為をすることで、気持ち良く眠れるようになりました。頭と四肢のリンクを、切り離すのです。

具体的に手順を書いていきます。

  1. 仰向けに寝ます。どの関節もストレスがかからないように、少し手と足を開いてリラックスできる状態で。
  2. 深呼吸します。仰向けなので、必然的に腹式呼吸になります。自然な呼吸を意識して、呼吸のリズムを掴みます。
  3. 顔の筋肉を、出来る限り緊張を緩めます。顔は、思いのほか、力が入っています。泥人形が溶けていくような絵を想像します。いくらでも筋肉が緩くなっていくので、いかに普段、顔に力が入っているかわかります。
  4. 足の指から、ボディマッピングを解いていきます=意識を切り離していきます。「もうこの足の指は、脳から動けと指令を送っても、動かない」という指令を送ります。足の指が動かせなくなったら、くるぶし、膝、太もも、と、動かせないぞという脳からの指令を、脚の上部まで上げていきます。脳と脚全体をボディマッピングから解いた状態になると、下半身がいうこときかなくなります。
  5. 同じことを、腕で行います。手の指先から、徐々に肩まで上げていきます。
  6. 最終的に、「自分の脳では自分の四肢を動かせない(と思い込んでいる)状態」になり、唯一身体の動きを感じるのは、複式呼吸をしているお腹だけになります。擬似的に金縛りを作るような状態に近く、脳は起きているけれど、身体は休眠に入っている状態です。
  7. このプロセスを丁寧にやれば、6.までに眠っていることが多いのですが、頭が冴えている時は、6.の後に、身体が中空に浮いているのを想像します。または、身体が地面と一体化しているように想像します。

以上の作業は、「ボディマッピング」と全く逆の作業です。

ややこしく書きましたが、自分がエヴァやイェーガー(パシフィックリム)など、神経接続しているマシンに乗っているようにでも思ってもらえれば、と思います。

身体を上手にコントロールするために、身体のしくみを理解することと、その理解をした上で瞑想(精神を集中)をすること、機能的に美しく立ち、機能的に美しく動くことは、武術、ダンス、演劇、楽器の演奏にとって、共通していると思います。

renaissance01-line

あなたの入眠、大募集

入眠調査室では、あなたが眠る時にしている「ちょっと変わってるかもしれない儀式」を必要以上に細かく聞き取り調査していきます。「あなたの眠り方」「眠る直前に考えていること」「寝るときの服装や持ち物」など、できるだけ細かく具体的に書いて、応募フォームから送って下さい。調査員から調査依頼が届くかもしれません。よろしくお願いします。


SORO_logo_sub

応募フォームはこちらから


今までの入眠調査室

FILE05 ギリギリまでなにかをしている人:調査対象 「伊賀大介」さん 後編
FILE05 ギリギリまでなにかをしている人:調査対象 「伊賀大介」さん 前編
FILE04 お気に入りの”説明”を聴きながら眠る人:君島久美さん 後編
FILE04 お気に入りの”説明”を聴きながら眠る人:君島久美さん 前編
FILE03 睡眠に対してドライな人 : ジェーン・スーさん
FILE02 一日10分しか寝てなかった人 : くぅさん 後編
FILE02 一日10分しか寝てなかった人 : くぅさん 前編
FILE01 一見、ちゃんとしてる人 : しまおまほさん 後編
FILE01 一見、ちゃんとしてる人 : しまおまほさん 前編

renaissance01-line

古川 耕
1973年生まれ。フリーライター、放送作家。「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」「ジェーン・スー 生活は踊る」(共にTBSラジオ)などの構成を担当。アニメーションやコミック、HIPHOP、文房具について執筆。年に一度のボールペン人気投票「OKB48選抜総選挙」主宰。人が眠りにつく過程を必要以上に細かく聞き取っていく「入眠調査」を密かな趣味とする。詩人でデザイナーの小林大吾と制作ユニット「四〇四号室」を主宰。
「四〇四号室」 

ロゴ&イラストレーション:小林大吾

suichan-cmt-08
意識高い!寝るのも大変だけど、気持ちいいんだろうねー。

更新日:2017年6月28日 書いた人:古川耕



【PR】「グッスミン 酵母のちから」トライアルはこちら

睡眠の大切さに少しでも目覚めたあなたはもう、
立派な睡マー
世界睡眠会議をフォローして
睡マーになりませんか!

ただいまの睡マさんは23269です。