目覚ましストレッチとは?

眠っている間は体がほとんど動かないため、筋肉が凝り固まってしまいがちです。朝、起きた後に「目覚ましストレッチ」を行うと、血行が促進されて、体がほぐれます。脳に運ばれる酸素量が増えると同時に体温もアップするので、頭と体がスッキリ目覚めることに役立ちます。

さらに、ストレッチは冷え改善や代謝アップ、日常生活で生じる体の歪みを整えるなど、体にうれしい効果もいっぱいです。

「目覚ましストレッチ」を行うときに大切なのは無理をせず、マイペースに行うことです。次のような3つのポイントに気をつけて実践してくださいね。

呼吸を止めずに行いましょう。息を止めると体に力が入り、十分にストレッチを行うことが難しくなります。

反動をつけずにゆっくり伸ばしましょう。反動をつけると反射が伴い、筋肉が縮んでしまいます。ゆっくりジワジワ伸ばしましょう。

気持ちのよいところで姿勢を保持します。特に朝一番にやるときは、無理をせずに行うことが重要です。

朝は布団から出るのがツラいものですが、体を動かして積極的にほぐすと、目覚めとその後の1日がより快適になります。

毎朝続けることで、だんだんと自分の体調が変化していくことにきっと気付くはずです。しっかり続けてみてくださいね!

目覚ましストレッチ一覧へ

睡眠の大切さに少しでも目覚めたあなたはもう、
立派な睡マー
世界睡眠会議をフォローして
睡マーになりませんか!

ただいまの睡マさんは18597です。