やってみよう!快眠TIPS

昼寝の前にはコーヒーを飲むのがオススメ?

正しい「昼寝」のやり方を覚えておこう!

昼食を食べたあと、どうしても眠くなってしまうんだよねぇと、悩んでいる人はいないでしょうか。悩む必要はありません。実は、昼食後に眠気を感じる大きな理由は『世界睡眠会議』の必修事項ともいえる「体内時計」にあるのです。つまり、昼食後に眠くなるのは人間として自然なこと。仕事などの状況が許すのであれば、15分程度を目安にちゃんと昼寝するのがオススメです。

ただし、本格的に寝入ってしまうのは逆効果。昼寝をパフォーマンスアップに繋げるためのポイントをご紹介しておきましょう。

【正しい昼寝のポイント】
時間は15〜20分程度
1時間眠ってしまった! なんていうぐっすり昼寝は、夜の睡眠に悪影響を及ぼします。眠気を感じている脳をスッキリさせるには、15分程度の昼寝(仮眠)がオススメです。

【正しい昼寝のポイント】
15時以降は昼寝しない!
夕方以降、できれば15時以降に昼寝するのは避けましょう。夜の睡眠の質を下げてしまいます。帰りの電車で寝ちゃうのも、やめたほうがいいですよ。

【正しい昼寝のポイント】
横にならない
ソファーなどで横になって眠ってしまうのも、眠りすぎの原因になりがちです。椅子の背もたれに寄りかかったり、デスクに上半身を伏せる姿勢がいいでしょう。デスクで使える仮眠枕などのグッズがいろいろあるので、お気に入りを見つけて活用してもいいですね。

【正しい昼寝のポイント】
寝る前にコーヒーを飲む
「コーヒーナップ」という言葉が最近注目されています。「ナップ(nap)」とはズバリお昼寝のこと。コーヒーなどに含まれるカフェインに覚醒効果があることはよく知られていますが、飲んでから効果が出るまでに30分程度かかるので、昼寝から起きるときに目覚めやすくなるのです。スマホのアラーム機能なども活用して、寝過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

京大生がまじめに昼寝をレポート

さて、眠りについてまじめにしっかり掘り下げている『世界睡眠会議』ですから、昼寝についての記事もちゃんとあります。

『京大昼寝サークル「まどろみ」スペシャルレポート』

この記事では、京都大学の昼寝サークル「まどろみ」代表の井上泰彦さんが、学園祭で発表した昼寝研究レポートをまとめたもの。机に向かって講義を受ける時の昼寝(居眠り?)姿勢についての調査結果などが紹介されています。

睡眠研究部員の三田寺理紗さんが、井上さんを直撃したレポートも、あわせてお楽しみください!

『私も一緒にまどろんでみました』

やってみよう!快眠TIPS 一覧へ

この記事のキーワード:

睡眠の大切さに少しでも目覚めたあなたはもう、
立派な睡マー
世界睡眠会議をフォローして
睡マーになりませんか!

ただいまの睡マさんは24613です。