やってみよう!快眠TIPS

使っちゃダメ?
寝る前スマホの
かしこい活用術

寝床の中のスマホは睡眠にも美容にも大敵!

就寝前に、寝床の中でスマホをいじるのが習慣になっていませんか? 夜ふけのネットサーフィンや、夜中のニュースを延々視聴する習慣の人も要注意です。
電子機器の画面が放つ光「ブルーライト」は、人間の目でとらえられる光線のなかで一番エネルギーが高く、見続けていると確実に目が冴え渡ってしまいます。

ブルーライトとは波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。人の目で見ることのできる光(可視光線)の中で最も波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

ブルーライトによる目の疲れは、肩、首のこりなどにつながる可能性も。しかも、その刺激で眠りのリズムを整えるホルモン「メラトニン」の分泌量が抑えられてしまうため、体は夜になったことを認識できません。体を働かすためにカロリーを摂取しようとして食欲が増し、結果、夜食や間食で太ってしまうことに。

寝る前のスマホは良い睡眠を妨げるだけでなく、美容にも大敵なのです。

そこで睡眠も美容も妨げない、かしこいスマホ活用術を身につけましょう。

「ブルーライトカット」と「代替行動」でスマホ上級者に

スマホの理想的な使い方は、寝る2時間前にはやめること。パソコンやテレビ、電子ブックも閉じてしまうのがベストです。これで眠れなくなるなどの悪い影響を避けられます。

とはいえ、仕事や家族からの連絡がくるかもしれないなど、どうしてもスマホを手放せない場合もありますよね。連絡が来ているかどうかが気になって眠れない、なんてことになっては本末転倒です。

そういう方は、まずブルーライト対策をしておくことが基本。

ブルーライトをカットするメガネもありますし、画面に貼る保護フィルムにもブルーライトがカットできるものがあります。ブルーライト軽減アプリもたくさん出ていますので、手軽なアプリから試してみるのもいいでしょう。

そのうえで、連絡がきそうな相手には自分から連絡して、早めに用事を済ませるなどの工夫をしましょう。

最も良くないのは、スマホの画面をダラダラと長く見続けることです。メールを確認してすぐしまうなど、数分見る程度ならばほとんど影響はないので、チェックする時間を決めるなどしておくといいでしょう。

とくに用事はないけど夜スマホが習慣でやめたら時間を持て余してしまう、という人は、自分なりの「代替行動」を見つけるのがおすすめです。スマホに使っていた時間で、他のことを楽しむのです。

たとえば、入浴剤などに凝ってバスタイムに時間をかける、クラシックや民族音楽など触れたことのないジャンルの音楽をゆっくり聴いてみる、1日を振り返って日記を書く時間にする、アロマをたいておやすみヨガをするなどなど。

やってみたいと思いつつ時間がなくてできなかったことを、この機会に始めてみるのもおすすめです。

そして就寝時は、スマホをベッドや布団の周りに置くのは厳禁です。寝床の中のスマホだけは、やめるようにしたいもの。スマホが目につくところにあると、どうしても気になってしまいますから、思い切ってスマホの電源をOFFにし、玄関など起きて取りに行くのが面倒な場所に置いておくのがおすすめです。

スマホ上手は睡眠上手。かしこくスマホを利用して、質の良い睡眠を手に入れてください。

やってみよう!快眠TIPS 一覧へ

睡眠の大切さに少しでも目覚めたあなたはもう、
立派な睡マー
世界睡眠会議をフォローして
睡マーになりませんか!

ただいまの睡マさんは18592です。