睡眠を学ぼう

睡眠の質をあげよう
お風呂で寝付きをよくする

布団に入る1~2時間前に、40℃程度のぬるめのお湯に10~15分程度浸かるのがおすすめ。
ぬるめのお風呂には副交感神経を優位にし、気分を落ち着かせて心地よい眠りに誘ってくれる効果があります。

深部体温が下がるときに眠くなる

人間は体の芯の体温(深部体温)が下がる時に眠りやすくなります。就寝の1~2時間前(理想は90分前とも言われています)に15分程度温まり深部体温を0.5℃上昇させ、約90分かけて元に戻ります。このタイミングで就寝すると速やかに眠りやすくなります。

寝る直前の入浴は寝付きが悪くなる

お休み直前のお風呂はあまりお勧めいたしません。就床時までに体温が下がらず、逆に寝付きにくくなってしまいます。

副交感神経をリラックスさせよう

自律神経には以下の二つがあります。

活動モード交感神経
リラックスモード副交感神経

二つは24時間働いていますが、交替でいずれか一方が優位な状態にあります。
眠りにつくときは徐々に交感神経の活動が弱まり、副交感神経が優位になります。

したがって、ゆっくり入浴してリラックスすることは、副交感神経を優位にするためにも大切なことなのです。

記事:編集部

記事はここまで

世界睡眠会議記事よりまとめています

眠れない!を解消する「夏の入浴法」3つのポイント
ぐっすり就寝するための「冬の入浴法」アドバイス
お風呂の入り方を変えてキレイになっちゃいましょう

関連リンク

寝る前の入浴やメイク落としで注意しなきゃいけない意外なこと
睡眠女子部 温泉×快眠でもっとキレイになりたいの!

すやすやキレイ nemurimo より

空想BATH ROOM 入浴剤/睡眠女子部がおすすめする今月の入浴剤
HOUSE OF ROSE Oh!Baby/睡眠女子部流 ボディスクラブ
無印良品 ホホバオイル/睡眠女子部おすすめのボディオイル