睡眠を学ぼう

睡眠の効果を知ろう
アンチエイジングは毎日の睡眠から

成長ホルモンは若返りホルモン

アンチエイジングにも睡眠中に分泌される「成長ホルモン」が有効です。

睡眠中に多く分泌される「成長ホルモン」には、体のさまざまな組織を修復したり、再生する作用などがあります。睡眠中、成長ホルモンがたくさん分泌されることで全身の新陳代謝が活発になり、新しい細胞の生成が促進されます。

睡眠で細胞を修復し、アンチエイジングしよう

近年の研究で人は疲労すると回復を促すタンパク質FR(疲労回復物質FR/ファティーグ・リカバリー・ファクター)が分泌されることが解明されています。

この疲労回復物質FRは睡眠中に疲労因子よりも多く発生し細胞を修復します。

参考 梶本修身著「スッキリした朝に変わる睡眠の本」P92

十分な睡眠をとってアルツハイマー型認知症を予防しよう

睡眠時には脳脊髄液の入れ替わりが活発になり日中に溜まった老廃物が除去されます。

こうした老廃物の排出が充分でないとアルツハイマーなどの疾患の引き金となる可能性があります。質の高い睡眠を取ることで脳のダメージをふせぐことができます。

参考 西野精治著「スタンフォード式 最高の睡眠」P75

記事:編集部
世界睡眠会議記事よりまとめています

記事はここまで

すやすやキレイ nemurimo で、もっと睡眠の効果を高めよう

快眠栄養素トリプトファンたっぷりの肉料理/フライパン1つde簡単チンジャオロースー
使ってみたいろうそくの世界/カメヤマローソク ティーライトティン
睡眠女子部おすすめのボディオイル/無印良品 ホホバオイル