ぐっすり生活のための
簡単&オーガニック「朝ごはん」

快眠生活のために大切な朝ごはん。快眠のために大切な必須アミノ酸である「トリプトファン」をたっぷり摂取できる、簡単&オーガニックな朝食レシピを「リバースプロジェクト」フードディレクターの新納平太さんがご提案します!

vol.02
エビとインゲンの
マヨネーズサラダ 
パルメザンチーズがけ


トリプトファンが豊富な食材が多い魚介類。エビにもしっかり含まれています。また、パルメザンチーズにもトリプトファンが豊富です。

味付けに使うマヨネーズ。オーガニックな『松田のマヨネーズ』が新納さんのおすすめです。

【材料(2人分)】
むきエビ : 200g
インゲン : 200g
しめじ、まいたけ、ホワイトマッシュルーム : 各50g
にんにく : 1かけ
オリーブオイル : 大さじ2
塩こしょう : 適量
マヨネーズ : 大さじ4
パルメザンチーズ : 大さじ2 
ピンクペッパー : 少々

【作り方】

1. 500ml程度のお湯を沸かし、沸騰したら塩を2つまみ加えインゲンを1〜2分茹で、掬い網で上げて流水にさらして熱をとる。インゲンを茹でた鍋でむきエビも茹でる。

2. しめじは房わけし、まいたけ、マッシュルームはスライス。熱したフライパンにオリーブオイルをひき、みじん切りにしたにんにくを香りが立つ程度炒めたら、きのこ類を加えて軽く炒める。

3. 冷めたインゲンは1〜2cmの斜めスライスにして、むきエビ、炒めたきのことボウルの中で合わせマヨネーズ、塩こしょうで味を整え、器に盛り付けたらパルメザンチーズとピンクペッパーを飾ってできあがり!

新納平太さん
PEACEDELI、REBIRTHPROJECTCATERING、NPO法人BeGood Cafe 代表理事。2000年よりBeGood Cafeカフェイベントに参画。愛知万博、各種環境型イベント等でのキッチン運営を担当。国分寺CafeSlowフードディレクタを務める。アースデイ東京ニコルズフォレストキッチンやフジロックフェスティバルNGOビレッジThe ATOMIC CAFEなどのフードディレクションを手がける。REBIRTH PROJECT CATERING 『美味しい水曜日』も展開中。

バックナンバー
vol.1 ひとつのフライパンで焼きバナナ&フレンチトースト
ぐっすり朝ごはん一覧

関連コンテンツ
快眠生活の源。「トリプトファン」の効果的ないただき方!
「ぐっすり」のための第一歩。まずは「朝」から変えてみる!

この記事のキーワード:

サイト内検索

サイトメニュー

特集お役立ち連載インタビューお知らせ