妄想睡眠工作

脳の眠っている領域を刺激しちゃうかもしれない

脳内トキャップ

書いた人:妄想工作家 乙幡啓子

私、毎晩のように面白い夢を見るんですよ。たいていは朝起きるとカラリと内容は忘れてるんですが、それでも断片は覚えていて、「普通に月の上にいて、上空に浮かんだ地球がバンバン月にぶつかってくる」とか、昨夜なんかだと「卒業証書の下半分が昆虫採集箱になっていて、フタを突き破ると卒業できる」なんて場面がありました。さあ夢判断できるもんならやってみてください。

そんな自分の睡眠時の頭の中、一度覗いてみたいものです。全編どんな映像なのか、ノーカットで見てみたい。でもそんなことは生きてるうちに叶うかわかりませんので、せめてこういうナイトキャップを作ってみることにしました。「脳内モニタリング風ナイトキャップ」、略して「脳内トキャップ」です。モニタリングというより改造人間風。かえって悪夢ばかり見そうだけどな。

そうと決まったら、さっそく材料です。知らなかったんですが、ナイトキャップって最近見直されてるんですね。寝ている間に髪の乾燥や摩擦を防いでくれるとか。そして最適な素材は「シルク」とのことですが、確かにナイトキャップのイメージには、つやつやのシルク素材がはまる気がします。

しかしシルクで布を揃えられなかったので、質感の似ているサテン地で我慢します。

これをまん丸に裁断するんですが、型になるような大きな円状のものはないか…と探していたら、昔作ったマンホールみたいな物体が出てきてピッタリでした。なんでこんなものがあるんでしょうね。

地の色は肌に合わせてベージュですが、脳の色は…やはりピンクかしら。自分の脳の色なんてわからないけど、ピンクだったらいいなぁ。

脳の写真を見ながら、形を写していきます。

地の布に重ねて縫いつつ、中に綿を薄く入れて脳っぽくしていきます、って知らんがな。

この上から脳のシワの線に合わせてミシンで縦横に縫っていくと、レリーフ状に脳を表現できるかなーと思ったんです。

ああ、とても面倒だわい。しかしここを怠けると脳らしく見えないので、地道に縫っていきます。

しかしテカテカの素材なのでシワが見えにくい。布用のペンでシワを目立たせます。お顔のシワは目立たないほうがいいけど、脳のシワはじゃんじゃん増やしたい。頭の表と裏とでは価値観が違う世界なんですな。

そして外側の透明な覆いは、透けるオーガンジー布で。もっともらしくチューブも埋め込みます。

端にゴムを通して、「脳改造ナイトキャップ」完成。なんだこれは。

後ろなんか、こうですよ。

何がしたいんだ私は。
でもかぶってみましょう。

チューブは最初、長く伸ばしていたんですが、折れちゃって昆虫の触覚みたいに見えてしまうので短く切りました。まさに改造人間になるところでした。チューブが繋がっている様子は想像で補ってください。

でも寝たらけっこう普通でした…変なツノ出てるけど。昔、母が髪をカーラーで巻いてこんな頭で寝ていたような気がします。

起きたらキャップが取れて、恐怖しかない。見た夢全部忘れました。

脳の未知の領域を刺激しちゃうかもしれない、脳内トキャップをお送りしました。

suichan-cmt-07
ハカ●ダーにも見えるね。。。

drecatchprof

乙幡啓子

1970 年群馬生まれ・東京在住。ニフティ「デイリーポータルZ」で脱力系工作記事などを連載するほか、モノ作りイベントやワークショップ、講演などでも活動。
著書に「妄想工作」「乙幡脳大博覧会」「笑う、消しゴムはんこ。」。
ラーメンズ片桐氏との共演DVD「また、つまらぬ物を作ってしまった」が絶賛発売中。
また妄想工作所名義で「ほっケース」「スペース・バッグ」などの雑貨製作・企画も行う。

最近話題となった企画商品「ノアの方舟ポーチ」「モーセの奇跡ポーチ」がフェリシモ「YOU+MORE!」より絶賛発売中!

乙幡啓子オフィシャルサイト 妄想工作所

renaissance01-line

これまでに作ったもの


ひとりでうちでフェスで寝て


肉球アイマスクの巻


眠れダルマよ。おやすみダルマはすぐ起きる!


自動で枕が寝返りに合わせて動いてくれる。枕ーレンを作ってみた。

otz-cat09
憧れの、あっ、猫が毛布でくるまっている、を手にいれる。

otz02-th
ザビ襟ザベスで寝てみる

dreamcatcher-th
サッカーで悪夢をキャッチするドリームキャッチャー

この記事のキーワード:

サイト内検索

サイトメニュー

特集お役立ち連載インタビューお知らせ