すやすやキレイ nemurimo

快眠栄養素トリプトファンたっぷりの肉料理
フライパン1つde簡単チンジャオロースー

フライパン1つde簡単チンジャオロースー

快眠生活の源。「トリプトファン」の効果的ないただき方!」で取材してわかった「トリプトファン」の重要性。精神を安定させてくれて、質の良い眠りをもたらしてくれる栄養素だなんて、まさに魔法の成分ではありませんか。だって精神が安定すればいつでも機嫌良くいられるし、良質な睡眠で体調も肌も絶好調に保てるってことですよね?

そういえば私が尊敬する女性の先輩が、
「あの松任谷由実さんが言ってるよ。“機嫌の良い女がイイ女”だって。健康と精神力が大切なんだってさ。覚えておきな。」
って自家製梅酒を片手に呟いていたっけ。。。

そこでこのコーナーでは、トリプトファンたっぷりのレシピをご紹介します。

お肉を罪悪感なく食べちゃおう!

肉料理というとカロリーが気になって、たっぷり食べると罪悪感で胸がチクチクしませんか?

でも大丈夫。肉には魔法の栄養素「トリプトファン」がたっぷり含まれていますから、肉を食べることはイイ女への近道なのです!

とはいっても、やっぱりカロリーが高めなことに変わりはありません。だったらせめて、一番トリプトファンが効率的に吸収できる食べ方で食べましょう。

ポイントは「朝ご飯」と「野菜」

では、どうしたらトリプトファンを効率的に吸収できるのでしょうか。そのポイントは、「肉は朝食で食べること」と「野菜と一緒に食べること」の2つです。

夜ご飯でお肉をたくさん食べても、睡眠までにトリプトファンからメラトニンの分泌まで間に合わないんだそうです。だから、面倒でも朝ご飯でお肉を食べた方がお得!

しかも、肉だけでなく、野菜や炭水化物も一緒に食べることが大切です。野菜に含まれるビタミンB6や、炭水化物に含まれる糖を一緒に摂取すると、トリプトファンから「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンを合成しやすくなるそう。

どうやらイイ女への近道は、充実した朝食にありそうです。

フライパン1つdeチンジャオロースーを作ろう!

朝食が大切なことは分かりました。でも朝って忙しくて、時間がないですよね!

起きて、身支度するので精いっぱい。朝から主菜の肉料理と、副菜の野菜料理が揃った完璧朝食なんて、とてもとても作る時間がありません。

そこで私が考え付いた秘策メニューは、これ1品で肉も野菜も摂取できちゃう「チンジャオロースー」です。前日の夜に材料を全て細切りにしておけば、あとは朝起きてからフライパン一つでチャチャッと完成するお手軽メニュー。味がしっかりしていて冷めても美味しいので、前日の夜のうちに作り置きしておいても大丈夫!

10分でつくるチンジャオロースーの作り方

【材料】(1人分)

  • 牛肉(焼き肉用カルビがおススメ):50~80g程度
  • ピーマン:2個
  • 市販のたけのこ水煮(細切りタイプ):30g程度
  • ごま油:大さじ1
  • しょう油:小さじ1
  • オイスターソース:小さじ1と1/2
  • 酒:小さじ1
  • 片栗粉:小さじ1/2

【手順】

1.牛肉、ピーマン、たけのこを細切りにします。焼き肉用のカルビ肉を選んでおくと、肉が分厚いので細切りにしやすいですよ。たけのこはあらかじめ細切りになって売っている商品を購入すると便利です。 (3分経過)

2.フライパンにごま油をしいて中火で熱し、牛肉を入れて炒めます。(5分経過)

3.肉の色が変わって一通り火が通ったら、一度火を止めて肉をお皿に出します。牛肉は炒めすぎると硬くなってしまうので、野菜を炒める前にこうして一時避難させましょう。(7分経過)

4.のフライパンに残った牛肉の油分が足りないようなら少しごま油を足して(分量外)、今度はピーマンとたけのこを炒めます。ピーマンはじっくり炒めて焦げる直前くらいの方が甘味が出て美味しいので、しっかり炒めましょう。(9分経過)

5.野菜に火が通ったら、3でお皿にあけておいた牛肉をフライパンに戻します。
味つけ用の調味料(醤油、オイスターソース、酒、片栗粉)を別の容器で混ぜておいて、いっきにフライパンに入れて味つけをしましょう。(10分経過)

6.調味料と具材がよく混ざったら、完成です!(いただきまーす♪)

この一品だけで、快眠を促す魔法の栄養素トリプトファン(牛肉)、セロトニンの合成を助けるビタミン(ピーマン)、便秘解消に効果的な食物繊維(たけのこ)が一度に摂取できちゃいます。

ここに白米と昨夜の残りのみそ汁でもあれば、糖分(白米)と補助的なトリプトファン(みそ汁の豆腐)も摂取できて、パーフェクトな朝ご飯に大変身です。

是非一度お試しください。


企画:(株)フルドライブ
ライター:森祐子

記事はここまで