すやすやキレイ nemurimo

母から娘へ朝レシピ
トリプトファンをいただくカレー春雨スープ

カレー春雨スープ

この前教えた鶏スープ、娘はなんとか作って鶏雑炊にしているらしい。よしよし、快眠街道に向かって半歩前進だなと思っていたら、もう飽きたんだけどときた。聞けば1週間ぶっ続けで鶏雑炊を食べていたらしい。それしかできないもん、だと。ちょっとはググれよと思ったが、まあ鶏スープを作っただけでも偉いとほめておいて、あとは母の愛で鶏スープを使った朝ごはん、簡単にできるカレー春雨スープを教えようじゃないの。これも簡単、10分以内でできるから作りなさいよ、お願いだから。

カレー春雨スープの作り方

快眠の源、トリプトファンを効率的に吸収するには、朝ごはんに肉と野菜を一緒に摂ればよいから、鶏スープの鶏にほうれん草、ミニトマトを合わせよう。そして味の決め手はカレールー。誰が発明したんだか知らないが、こんな“神”な調味料はない。ああ、カレー味が食べたいなと思った時にポンっ!と入れればかぐわしい香りと芳醇な味が。塩加減も絶妙だし、他に何もいらない。作る鍋はもちろん土鍋。これ一つで調理器具から食器まで兼ねるから、洗い物も少ないぞ。

【材料】1人前/所要時間:10分

  • 鶏スープ:お茶碗2杯分ぐらい
  • 乾燥春雨:25g
  • 具材:スープに入っているほぐした鶏肉、ゆでたほうれん草、ミニトマトなど好きなものを
  • カレールー:1かけ

カレー春雨スープの材料

【作り方】

1. 土鍋にスープとほぐした鶏肉を入れて煮立て、カレールーを投入しよくかき混ぜる。もし鶏スープがなければ鶏ガラスープの素と300ccぐらいの水にベーコンやハム、豚肉なんかを入れてスープにすれば十分おいしい。

カレー春雨スープの作り方
煮立ててカレールーをよく溶かす

2. トロッとしてきたら春雨を投入し、春雨が柔らかくなるまで5分ぐらい煮る。火を止めてほうれん草、トマトなどを入れれば出来上がり。春雨は一度水に戻してとか、面倒なことが作り方に書いてあるが、めんどくさがり屋は無視。そのまま投入で全然大丈夫。

カレー春雨スープの作り方
春雨は面倒ならそのままイン!

ちなみに、ほうれん草は洗って5cmぐらいに切ってから、100均で売っている野菜蒸し器に入れ、レンジで1分半ぐらい蒸す。蒸しあがったら、水分をぎゅっと握って絞っておく。たくさん作っておいて、1回分ずつラップに包んで冷凍しておくと便利。休みの日に頑張ろう。

ほうれん草と野菜蒸し器
100均の野菜蒸し器。内ザルがついている

調味料界の“神”、カレールーの助けを借りた春雨スープ、簡単でとても美味しい。具材は長ネギ、玉ネギ、ブロッコリー、パプリカ、エビ、ホタテなんでもOK。スープカレーのようなノリで作ってほしい。

これ以上手抜きができないほど手順をこそぎ落として作りやすくした「母から娘へ懇願レシピ」、せめてこれぐらい作って食べてくれー!


企画:(株)フルドライブ
ライター:加藤なぎさ

記事はここまで