すやすやキレイ nemurimo

SPECIAL
Yahoo! ショッピングコラボ企画 暑さをしのぐ涼眠グッズ特集

夏の暑さが年々厳しくなっているように感じませんか?
環境省のHPにも『地球温暖化が日本に与える影響について』(参照)というページがありますが、この夏も寝苦しい夜が続きそうです。

ところで、夏の夜はどうして寝苦しいのでしょうか?
 
それは、日本の夏の夜が高温多湿で体温調節がうまくいかないからなのです。私たちの睡眠中は、日中よりも体の深い部分の体温が低くなります。眠るときは手足が温かくなり、その手足の熱を逃がすことで体と脳が休息状態になり眠りに入るのです。
しかし、気温と湿度が高く汗も蒸発しにくい状態だと、深い部分の体温の低下がうまくできず、なかなか眠りに落ちることができないのです。

睡眠は疲労の回復だけでなく、ダイエット・美肌・美容・健康とアンチエイジング、そして仕事などのパフォーマンスアップに深く影響します。夏の「睡眠負債」をつくらないためにも、そして夏バテ予防の為にも、寝苦しい夜を快適にする涼眠グッズを取り入れてみてはいかがでしょう。


涼眠寝具の選び方

枕や布団など寝具が変わると眠りが変わる

寝汗と夏の湿気に注意
人は寝ている間におよそ200ccもの汗をかきますが、暑い夏、その量はさらに増えて2倍以上に跳ね上がります。くわえて湿度が高い季節ですから、布団に染み込んだ大量の汗が、雑菌の繁殖やにおいの原因となります。したがってこの時期はこまめな天日干しを心掛けるようにしましょう。
しかし、夏場の強い日差しは繊維を痛めることがあるので、時間を1~2時間程度に留めたり、陰干しにするなど工夫が必要です。

夏の快眠寝具を準備しよう
直接肌に触れるカバーやシーツの素材は綿や麻。麻のさらりとした肌触りは夏の夜を快適にしてくれます。生地の織り方も重要なポイント。同じ綿でも、タオル地やガーゼは吸湿性が高く、発汗が多くなる夏には洗い替えも含め準備できるとよいでしょう。

表面がデコボコしているサッカー地やリップル地も、肌との接触面が小さくなることによって通気性が増すスグレモノです。タオルケットなどと合わせてうまく活用しましょう。
また、羽毛布団を使う場合、羽毛は汗を吸うと温度を調整する機能が低下しますので、汗をかいでも洗うことのできる夏用羽毛肌掛け布団をお勧めします。

枕ですが、夏は羽毛などのふんわり枕は避け、そば殻など通気性が良い枕がお薦めです。その秘密は形状にあり、例えばそばがらのひとつひとつをよく見ると、「まきびし」や「ベンツのマーク」のように三叉に分かれた立体的な形をしています。そばがら同士の間に空間ができるので、空気をスムーズに通せるのです。同じく、「パイプ枕」もスグレモノ。ストローを輪切りにしたようなプラスチックの輪っかが詰まった枕です。水洗いもできて衛生的ですね。

敷布団は通気性が良く蒸れにくい素材のモノを選びましょう。また、肌との接触面を少なくできる凸凹形状の中綿を用いたものならなお快適です。また、接触冷感タイプ、吸水速乾タイプの敷きパッドなど安く買えるものが多いのでうまく活用してゆきたいですね。
最近では敷きパッドなどを中心に”接触冷感”寝具も人気のようです。前述の麻と同様に熱伝導性が高いため、触れると皮膚の熱が奪われてひんやり感じる仕組みです。様々な素材のものがありますが、エアコンで冷やし過ぎるのはちょっと・・・という方は検討してみるのもよいかもしれません。


熱帯夜の涼眠パジャマと下着選び

高温多湿の日本の夏は、どうしても寝間着は薄着になりがちですよね。
しかし、夏こそ良質なパジャマで寝ることをお薦めします。
寝具の選び方でも述べましたが、夏の汗の量は400cc以上。睡眠中の汗は「気体」に近いもので、「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」といって体中の皮膚から水分を失います。

この発汗がおこるのは、主に「眠りにつくとき」。汗が出ることによって深部体温が下がり、それと同時に眠気がやってきます。つまり、このときにちゃんと汗をかくことが、快眠に不可欠な要素となります。しかし眠りについた後、汗で体がグショグショだったら、かなり気持ち悪いですよね。汗が皮膚の上で冷えてきて、夏風邪を引いてしまうリスクもあります。そこで、夏こそしっかりパジャマと下着を選びましょう。

快眠&健康のためにも汗を吸い取ってもらう役割がありますので、吸湿性の高い素材を選びたいところ。冬場などで重宝するフリースのパジャマは吸湿性が低めで夏場だと汗がこもってしまいます。ベストな素材はやはり「綿」。そのほか、夏場なら麻のシャリシャリ感も快適ですよ。

ところで、最近ではナイトブラなど就寝時用の下着についても情報が目につくようになってきました。より美しくなりたい、より可愛くしたい。そんなニーズに応えたナイトブラや締め付けを感じにくいノンワイヤーブラなど多種多様なものがあります。きちんと眠りを確保しつつオシャレにこだわりたい方に応える商品を探してみるのも楽しいですね。


涼眠空間をつくろう

夏といえば葦簀に風鈴?風流な涼を好む人もいればエアコンがないとダメな人もいますね。気持ちよく眠れる環境づくりについて考えてみましょう。

エアコンタイマー派は室温27度

部屋を26〜28度くらいのお好みの温度に調節してから就寝すると、就寝直後に促進される発汗作用で生じた汗が蒸発しやすいので、汗が乾いて寝やすくなります。室温が急に上がると皮膚温や心拍数が大きく変化し、深い眠りの邪魔になる傾向があるため、室内の温度はできるだけ一定に保つことがよりよい睡眠には好ましいですが、その際は体が冷えてしまわないように注意が必要です。
そこでタイマーを設定する際は、1時間など小刻みにするより、3時間程度に設定するのがよいでしょう。深い眠りに入った最中に暑さで目が覚めることなく、3時間のうちに2回深い眠りに入ることができ、目覚めに向けて徐々に部屋の温度が高くなることで体温も上昇し、スッキリとした目覚めを促すことができます。

扇風機やサーキュレーターを併用して、壁に向けて送風することにより「間接気流(そよ風気流)」をつくることもおすすめです。
同じ温度・湿度でも肌は涼しく感じます。このとき、気流は「弱」などのゆるやかな風にして、体に直接あたらないようにすることが、快適さを保つポイントです。

エアコンつけっぱなし派は除湿

就寝時に冷房運転ではなく、28度以上に設定した「除湿運転」に切り替えましょう。室温および体温を冷やしすぎず、それでいて部屋の湿度が低くなるため汗をしっかり乾かすことができ、眠りやすい環境になります。

家の中の「ひんやりゾーン」をさがそう

温度にもよりますが、自宅の中で一番涼しいひんやりゾーンへ寝床を移動してみるのもあり。各家庭の住宅環境にもよりますが、防犯グッズで窓や出入り口のセキュリティに配慮した上で、風通しの良いひんやりゾーンを探してみましょう。
夏の大敵「蚊」などの害虫対策として、網戸や防虫剤にも気を配り、傷んだ網戸のは早めに修理など対策しておきたいものです。それから「蚊」といえば、蚊帳(かや)は使ったことがありますか?ヤフーショッピングにも様々なタイプの商品があります。風鈴・すだれ・よしず・蚊取り線香などとあわせて、日本人ならではの涼の風情を楽しみながら、眠りにつくのも楽しいですよ。


涼眠を促す夏のお風呂と清涼グッズ

夏は外気の暑さと冷房による温度差で自律神経の機能が低下し、体温調節障害や血行障害を生じる場合があり、夏バテの原因にもなります。夏こそ、就寝1~2時間前に40°以下のぬるめのお湯につかって、副交感神経を優位にし、リラックスさせましょう。
入浴によって上昇した体の芯の体温(深部体温)は、入眠する頃にはちょうどよい体温まで下がります。体温が下がるときに人は入眠しやすくなり、心地よい眠りにつくことができるのです。

ひんやりさっぱり入浴グッズ

夏の夜の入浴を楽しみなものにするためにも、ミント系のさわやかな香りがする入浴剤や、爽快感のあるシャンプー&ボディソープを準備してはいかがでしょうか。また、お湯に浸かるのが苦手な人は、目元をひんやり冷やしてくれるアイスピローを使ってみてはいかがでしょうか。

素早く汗を抑えるボディケア

夏のお風呂上りは汗がなかなか止まらず困ることがあります。しかしエアコンを強くしたり扇風機の風で冷ますのはお肌にとってあまりよくありません。入浴後のお肌は乾燥しやすいため、季節を問わずしっかり保湿したいもの。夏にピッタリなさわやかなボディケアコスメを探してみましょう。

香りと光でリラックス

寝苦しい夏の夜こそ寝室の環境を工夫して整えてみましょう。

寝る前の音楽鑑賞は快眠にも効果的、リラックスできる自分好みの音楽を探したり、ヒーリング音が聞けるアプリや快眠グッズを活用するのもよいでしょう。また、嗅覚を通じてリラックスを誘うアロマも人気です。スムーズな眠りに誘うためには、ラベンダーや、カモミール、ネロリなどの香りが良いとされています。芳香器(アロマディフューザー)を利用するほかに、器に入れた熱いお湯にアロマオイルを数滴たらすだけでも、オイルが温まり、香りが部屋に広がります。

お部屋の照明にも工夫してみたいものです。朝の太陽は体内時計をリセットすることができますが、色温度による光の刺激で脳が覚醒することが様々な研究の結果として分かってきました。光の影響を踏まえて夜は照明を白い光から赤い光(白熱電球の色)に切り替えたり、暖色系の間接照明にするとよりリラックスできます。

また、ろうそくの光は電球色よりもさらに温かみのある柔らかい光で、「1/fのゆらぎ」といわれる不規則に揺れ動く灯火に心が落ち着く方も多いのではないでしょうか。最近ではそれを模した、安全なLEDキャンドルも数多く売られていますね。就寝時のリラックスに役立ててみてはいかがでしょうか。


記事はここまで