soro-logo

この連載が掲載されているホームページの「世界睡眠会議」。その協力団体としてクレジットされているのが、「NPO法人睡眠文化研究会」。睡眠を「文化」として捉えて研究しているマジメな組織である。

筆者はこの連載前から勝手に入眠調査をやっていたのだが、先んじて似たようなことを、しかもはるかにガチにやっていた人たちがいたことを知って本当に驚いた。さっそく本を読んでみて(『睡眠文化を学ぶ人のために』。名著です)、特に重田先生の「睡眠の多様性を文化として捉える」という考え方にとても共感を覚えた。「眠りのかたちは一様ではないはず」と思いはじめていた筆者にとって、まさに我が意を得たり。理論的な後ろ盾を得た気分になったのだ。

ここで、筆者からのオーダーにより、重田先生から入眠調査について伺う機会を得た。睡眠を文化として捉えるとは一体どういうことか? 不肖の弟子による公開個人授業の趣きです。聞き手の力量不足には目をつぶってもらうとして、重田先生のチャーミングな語り口や人の営みへの優しい眼差しが伝われば幸いです。

入眠調査室室長:古川 耕

renaissance01-line

入眠調査 FILE:09
睡眠を文化で
考えている人
調査対象:重田眞義さん (後編)



NPO法人睡眠文化研究会 理事
 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究 研究科 教授
。1956年京都生まれ。博士(農学)。主な論文に「エチオピア起源の作物エンセーテの多様性を守る人々の営み」(『遺伝』58巻5号)、「嗜好品とともにすぎゆくエチオピア高地の1日」(『嗜好品の文化人類学』講談社)、編著に『アフリカ農業の諸問題』(京都大学学術出版会)など。関連書籍『睡眠文化を学ぶ人のために』(高田公理、重田眞義、堀忠男編 世界思想社 2008年)

前編より続く

前例はない「入眠調査」

古川 話を変えますが、僕がここでやっているような入眠調査。「入眠儀式」とか「入眠の儀」とか呼んでいますけど、こういったものをアカデミックな手続きでちゃんと調査した睡眠文化研究ってあるんですか?

重田 フフフ……これね、考えたんですけど、ないですよ。ないと思いますよ。そういう就眠儀礼とか入眠儀礼、儀式。それを僕ら、探して掘り起こそうとしているけど、たぶん論文はないと思う。

古川 ないんですか? 小物だったり環境だったり服装だったりっていう、そういったものを調べた例はありますよね。

重田 あるにはありますが、それは結構、合理的というか目的的で。「お年寄りをどうやったら早くちゃんと寝させられるか?」とか「子供を保育園でどうやったら上手く寝かせられるか?」っていう目的があるものです。そういう目的的な観点ではなく、個人の多様性に着目して、入眠儀式を学術的に調査したという例はないと思うんですよ。

古川 ああ、そうですか。へー!(嬉しい)

重田 っていうか、睡眠文化研究会がNPO法人になる前、ロフテー(編註:枕・寝具メーカー「ロフテー」内にあった「ロフテー睡眠文化研究所」のこと)でインターネット調査した時には入眠儀礼について聞きました。個別インタビューもやったけど、その内容は書籍の一章として発表しているだけで、それだけで学術論文を書いたりっていうのはないんじゃないかな? まあ、発表する媒体がないのと、それよりもまずは睡眠文化の理解の底上げを図らないと、というところがあります。同じことは「眠り小物」についても言えますね。

古川 当時は誰もピンと来なかったと。

重田 だから、教科書をつくろうっていうことになったんですけどね。まあ、今やったらできるかもしれない。「睡眠文化研究シリーズ」なんて言ってね。眠り小物、入眠儀礼とかね。5冊ぐらいのシリーズ本が出せるかもしれない。

「意外とみんな違うじゃん!」という発見。

古川 僕がこの連載、というより、その前からいろんな人に聞いてきた実感なんですけど、聞けば聞くほどみんな全然違いますね。あと、寝る前のことをそもそも人に話したことがないんですね。酒飲み話の感覚で「どうやって寝てる?」なんて話をした経験が、ほとんどみんな、ないんですよ。

重田 うん。だから、「いろいろある」っていうことに我々自身も気がついていないんですよね。よっぽど親しい間柄なら酒の席のネタとしては出てくるかもしれないけど、日常会話には出てこないし。「よく眠れましたか?」「寝ました」みたいな会話はあったとしても、「昨日の眠りはこうでね」なんて、そういう語りをあまり我々がやらないのは、やっぱりさっきの本能に対する文化的なタブー視というものが影響してるんだと思いますけどね。

古川 睡眠の形は人によってバラバラだということがあまり知られていない。これって、単に「変だね」ってことにとどまらず、実はある種のプレッシャーの源泉にもなっているんじゃないかとも思うんです。というのも、このインタビューをやっていてつくづく思うのは、睡眠に関してプレッシャーを感じている人がとても多いということなんです。特に働いている人なんですけども。

重田 うんうん。

人の睡眠を縛る因果論

古川 つまり、「明日起きるために早く寝なきゃ」とか、「昼間眠くならないようにちゃんといい睡眠をとらなきゃ」って──最近は「睡眠負債」なんて流行語もありましたけど──不眠や睡眠不足へのおそれ、あるいは、よりよい睡眠を求めることに縛られている人が本当に多くて。だからこそ、どういう入眠をしたらいいのか、いろいろと試行錯誤している人がいっぱいいると。

重田 うん。

古川 もちろん睡眠不足が体調不良の原因になっている場合もあるし、正しい睡眠方法を知るのは大事なことでしょう。でも、適正な睡眠は人に応じて違うし、もっと言えば「正しい睡眠」は一律じゃないんだ、ということが知られていないからこそ生まれているプレッシャーもあるんじゃないかと思うんです。

重田 そうですね。その通りだと思います。眠れないとか、眠れなくなったらどうしようとか、そういうプレッシャーに直面している人たちは、自分が寝すぎることとか、寝られないことに対して原因探しをするじゃないですか。

古川 はいはい。

重田 これって要するに、「○○が原因だから寝られない/寝られる/寝すぎる」みたいな、常に原因を求める態度ですね。それってちょっと大げさに言うと西洋近代合理主義──科学の中で我々が小学校からずっと習ってきた「原因はなぜだろう?/どこだろう?/なぜかしら?」という問いと、それを理解することによって納得する、という思考回路を無意識的に使っているわけですよ。

古川 因果論ですね。

重田 そう、因果律、因果関係。それがあまりにも僕らに馴染んでるし、それこそ小学生のお母さんも子供にそういうことを言ったりするわけで。疑いを持っていない。でも、人間の行動様式とか、なにかの事象に対する対処を見ていると、必ずしもそれだけじゃないんですよね。たとえば、「未来になにかをもたらすために○○をするんだ」っていう思考回路もありますよね。それは因果論の途中形という風にも言えるけど、それよりはもうちょっと未来的だし、目的的です。「明日の運動会のために今晩は早く寝ておこう」とか「明日の試験のために今晩は徹夜しよう」とか、睡眠行動を能動的に規制するということは普通にやっているわけです。それで僕は、「○○のために眠る」あるいは「眠らない」という、【ために型】睡眠と、「○○だから眠れる」あるいは「○○だから眠れない」っていう【だから型】睡眠と、ふたつに分けているんですね。

古川 ふんふん。



【だから型】睡眠と【ために型】睡眠。そして、【である型】睡眠

重田 するとね、睡眠に関して聞き取り調査をしていると、【だから型】睡眠の人はまあ、結構ネガティブな人が多いですね。眠りをプレッシャーに感じている人は【だから型】睡眠の人ですよ。だけど、もうちょっと自律的に、うまく睡眠と付き合っている人は、【ために型】睡眠ですよ。もちろんその両方は併存するし、割合の差として現れるんですけどね。で、その【だから型】から【ために型】への移行は、睡眠のプレッシャーからの解放のひとつの答えになるという風にずっと考えてきてたんですね。

古川 はいはい。よく分かります。

重田 でね。最近ね、入眠調査の事例を読んでいても、そうじゃない事例があるということに気づいて。【だから型】睡眠でもない、【ために型】睡眠でもない、という人が少ないけどもいるんですよ。

古川 それはどういうタイプですか?

重田 「あなたにとって睡眠はなんですか?」とか「眠る時になにかしますか?」と聞いても、「もうなにも考えへん。バタンキューですわ。いつでもどこでもどんなところでも、枕が変わろうが騒がしかろうが、わたしは眠れるから。眠りに問題なんてないです」みたいな、そういう人。これ、結構いますよ。

古川 はいはいはい。確かにいますね。

重田 少数派やけど、でもいるでしょ。で、そういう人に「あなたにとって眠りはなんですか?」って聞くとね、まあナチュラルなこと。「当たり前のことやな」って言う。根掘り葉掘り聞き出すと、「気持ちいい時間」とかね、「幸せである」「至福の時である」とかね。そういうふうに言って、とにかく眠りについて問題がない。問題を抱えていないがゆえに、ある意味非常にポジティブで。この人たちは因果論的な説明をまったく必要としないんです。これを僕はちょっと無理やりっぽいけども【だから型】睡眠と【ために型】睡眠に対して、【である型】睡眠と呼んでいます。

古川 【である型】睡眠!

重田 うん。眠ることそのものに価値を置くというかね。非常に原初的というか刹那的な……。

古川 純粋型というか。

重田 そうね。朝起きて、「ああ、すっきりした!」っていうね。あの感じ。あれって別に原因とか理由とか、求めてないじゃないですか。だから【だから型】睡眠と【ために型】睡眠の先に【である型】睡眠があって。実は究極の豊かな眠りというのはこの【である型】睡眠のことで、そのパーセンテージを増やしていくことが睡眠文化研究の思想的な目標なんじゃないかと僕は思っているんですよ。

古川 功利的な眠りではなく、言わば「純粋睡眠」というか。

重田 そう。僕の言っている「眠り中心主義」っていうのはここなんですよ。

「眠り中心主義]を目指して

古川 「眠り中心主義」。これ、重田さんは前からおっしゃっていますよね。

重田 「○○だから眠りは大切」「○○のために眠りは大切」っていうのはもちろんそうなんだけど。起きている時の自分が心地よくあるために、気持ちよく生きていくために、って、それはそうなんだけど。でも、眠りは眠りとしてある、というかね。そういう境地に達することができたら、もっとよりよい豊かな眠りになるんじゃないかなと勝手に思っているんですけども。

古川 眠りという行為自体がひとつの目的であり、歓びであるというような境地と言いましょうか。

重田 まあ、眠ること自体が自己目的化するっていうのはあんまりいいニュアンスじゃないかもしれないけども。それに【である型】睡眠だって、大きな意味では因果論を引きずっているわけだし。「わたしの睡眠は完璧。だから眠れる」みたいな、そういう眠りに対する自信につながるしね。でも、そういう原因とか目的とかを問わなくても、「私の眠りはこうである」と語れるフェイズがある気がするんですね。これは別に理屈でひねり出したというより、実際にインタビューをしていると、そういう人がいるなと気づかされるんです。だからひょっとしたら第4、第5のタイプもあるのかもしらんけども。

眠りかたを聞くことは、起きているときのことを尋ねるのと同じこと

古川 よくわかります。それに、【だから型】睡眠にしろ【ために型】睡眠にしろ、眠りについて話を聞いていると、結局、起きている時間のことを聞くのと同じことになっちゃって、ひいてはその人の生き方みたいなものを問うてる気分になっちゃう瞬間があるんですよね。

重田 うん。僕も読んでいて同じことを思いましたよ。

古川 あ、そうですか?

重田 上手いこと聞き出すと、人はこういう風に語りだすんだなあって。聞き方が上手からやと思いますけどね。

古川 ああ、ありがとうございます。

重田 これはね、起きている時と寝ている時の切れ目、というか、切り替わるところ。僕の言葉で言うと、起きている時の「起き方」と、眠る時の「眠り方」という、ふたつの作法が擦り合わさるところ。それはもちろん一瞬じゃないし、線でもなく、むしろ「面」だったりグラデーションだったりするんだけども。その場面について尋ねるのって、その両方を意識させるのにいちばんいいポイントを聞いているんですよ。だから、眠り方を聞いているのに、起きている時の生き方もそこに滲み出てくる、というのは自然な姿やなと思うんですよね。

古川 ああ、そうです。本当におっしゃる通りです。そうなんですよね、だからとにかく日中のパフォーマンスを上げるための睡眠と思ってる人もいるし、とにかく眠らなくてはいけないからこうやっているんだっていう強迫観念的な人もいるし。

自己分析で眠りのプレッシャーを減らす

重田 うん。だから入眠調査が、そういう人に対して思考実験というか、考え方を相対化する作業のヒントになるといいですね。【だから型】睡眠、【ために型】睡眠、【である型】睡眠という3つのフェイズを知って、自分の睡眠はどこに当てはまるかを自分で分析してみる、みたいなね。そういうことをやるとプレッシャーは下がるんじゃないかと思う。ちょっと実験的だけど、僕も放送大学の面接授業の中でそういう風に説明してね、「やってみてください」って言っているんですけど。

古川 うんうん。

重田 すると、「そういう風に考えてみると、今まで自分が悩んでいたのがアホらしく思えた」とか言う人が出てくるんですよ。

古川 アハハハ。

重田 毎回ひとりかふたり、「それでよく眠れるようになりました」って感想を書いている人がいるので、これはいけるんちゃうかな?って思ってるんですけどね。

古川 睡眠文化が世間の役に立てることがあるとしたら、まさにそういうところですよね。

重田 「あなたの考え方は間違っていますよ。だからこっちに変えなさい」っていふうに誘導するのは難しい。それはほとんど無理というか、よっぽどじゃないとできませんよ。でも、「あなたがやっていること、これはこういうタイプですね」って言ってあげる。で、「こういうタイプとこういうタイプがあって、ひょっとしたらそれもこれもやっているんじゃない?」って言うと、まあ安心するわけですよ。全体像の中に自分を位置づけられるから、プレッシャーが下がって眠れるようになるっていう、それはあると思うんですよね。

古川 そうですよね。睡眠なんかは特にプラシーボが効きそうなジャンルだし。

重田 脳科学的な説明とは違うところで、睡眠行動が左右されるっていうこともあるんじゃないかな。



睡眠文化が「経済」になるためには

重田 だからこの「睡眠を楽しむ」という考え方をね、もっと世に広めるためにはどうしたらいいのか? っていうところだけど……まあ半分冗談で言うと、それはやっぱり宗教ですよ。フフフ。

古川 あははは。

重田 だから睡眠文化教みたいなのをね……僕、教祖になろうかな。

古川 アハハハ!

重田 まあ、それは冗談だけど。だけど宗教のたとえで言えば、「こっちの宗教は間違っているからこっちに改宗しなさい」って言うんじゃなくて、「その神様もよし、こっちの神様もよし」って、要するに多様性の肯定というか、そういう考え方を唱導することができればいいんじゃないかと。食文化のアナロジーからいうと、食文化が研究対象として広く受け入れられるようになったのは、やっぱり食の多様性を楽しむというのが大きかったわけでしょう?

古川 はい。

重田 多様性を楽しむということは、つまり経済的にも社会的にも文化的にも広がっていくわけだから。食もね、グルメブームがあり、エスニックフードブームがあり、ジャンクフードがあり、B級グルメがあり、で、超高級料理が楽しまれるようになってきたわけで。同じように睡眠文化の多様性というものが受け入れられていくには、社会・文化だけじゃなくて、「経済」が大事やと思うんですけども。ある種コマーシャリズムに乗れるかどうかっていうことやけど、コマーシャリズムの次元で睡眠文化の多様性が肯定的に捉えられるっちゅうね、そういう時代が来たら、一気にバッと花開くんじゃないかと。

古川 うんうん。

重田 今はね、コマーシャリズムのほうも、「あんた、その枕はダメやからこっちの枕にしなさい」っていうことをしていて。結構、科学主義的なんですよ。だから人々は究極の枕を求めて次々と枕を買うんだけど。それは確かに経済的な効果はあるんだけど、そうじゃなくて、「月曜日はこの枕、火曜日はあの枕」みたいに選択肢を提示するようにしていくと、マーケットとしてはもっと広がるんちゃうかなと思うんですよ。経済効果だって大きいでしょう? 僕は専門家じゃないからよくわからないけど。でも、僕の研究している栽培植物で、品種の多様性っていうのを研究しているんですね。最近のニュースだと、今またお米の品種が急に増えてきていますよね。

古川 はい。

重田 一時はササニシキ、コシヒカリがメジャーやったけど、今はもっといろんな種類が出ていて、2017年に登録されたのだけでも40品種ぐらいあるんです。今の日本でマーケットに乗っているだけでも300以上の品種があるんですよ。

古川 米どころと言われる場所もどんどん変わったりしていますよね。

重田 そう。でね、それをグラフに書くと、でもやっぱりコシヒカリにしている人は多くて。品種を並べて消費量をグラフにすると、出てきたばっかりのマイナー品種も支持はされているんだけども、量は少ない。

古川 消費量としては圧倒的に少ないと。

睡眠のロングテールモデルを可視化する

重田 それをグラフにすると、漸近線になるんですよ。経済学ではこのグラフを「ロングテール」っていうんですけども(編註:縦軸を販売数、横軸を商品名として販売数量のグラフを描くと、売れていない商品が恐竜の尻尾のように長く伸びる。このグラフの形状にちなんで「ロングテール」という)。で、これがね、例えばエチオピアの村で作っているある作物でも、その品種の持っている世帯数を調べてグラフを書くと、同じようになるんですよ。

古川 ロングテール・モデルになると。

重田 そう。たくさんの人が作ってたくさん食べている品種があるんだけど、じゃあなんでこの尻尾の方がこんなに長くあるのか?っていうのは、研究のひとつの課題なんです。結局これもね、多様性を肯定するっていう、大げさに言えば思想というか哲学に裏打ちされているっていうのが僕の暫定的な結論なんですけどね。だから、そういう考え方はひょっとしたら人間にもともと備わっていて、多様性を肯定するということは別に無理してがんばって言わなくても結構受け入れやすい……。

古川 もともと人間が自然にやっていることだ、と。

重田 そう。やっていることだと。それがひとつ。それからもうひとつは、そういうロングテールの経済モデルっていうのは、要するに積分した時にね、ふたつの面積は結局一緒やと。

古川 密集した縦長の区分と、低く広がった横長の区分を切り出して測ると、総体としては同じ量だと。

重田 そう。今までのビジネスモデルだと、少ない種類をたくさん売る、小品目大量生産っていうのが主流やったけど、Amazonみたいな売り方が可能になった時点で、つまり倉庫とか流通がちゃんと整理された時点で、ロングテールの尻尾の部分でビジネスがじゅうぶんに成り立つっていうことがだんだんわかってきた。つまり、少数派にも価値があるというか、これで勝負が成り立つんだっていうことに誰かが気づいたんです。そして実は、伝統的な農業を営む社会の中でもそれがある。これが多様性の肯定的な態度につながっているとすると、これからはこっちじゃないかと僕は思っているんですよね。

古川 うんうん。

重田 これは睡眠文化の多様性っていうことにももちろん繋げられる。食文化というのも先にある。みんな、変わったものをちょっとでもいいからいろいろと食べて楽しみたいと思っているという、そういう状況を睡眠文化にも広げられる日が来たら……「そんなことは儲からないからやらないよ」っていう否定はされなくて、睡眠文化が栄えていくんじゃないかと思っているんですけども。

古川 おっしゃる通りですね。

まとめ

重田先生との語らいは、この連載でやってきたことをアカデミックに裏付けしてもらったようでとても勇気づけられるものでした。結局、入眠調査とは、人と人の違いを面白がり、そしてそれを素直に受け止めることで、私たちはもっと自由になれるはずだとささやかに提言する試みなのかもしれません。

これまで宴席や雑談の場でヒソヒソボソボソと尋ね回っていた時代から、ずいぶん遠いところまでやってきたなぁと我ながら感心します。重田先生、貴重なお話の数々、ありがとうございました。



renaissance01-line

あなたの入眠、大募集

入眠調査室では、あなたが眠る時にしている「ちょっと変わってるかもしれない儀式」を必要以上に細かく聞き取り調査していきます。「あなたの眠り方」「眠る直前に考えていること」「寝るときの服装や持ち物」など、できるだけ細かく具体的に書いて、応募フォームから送って下さい。調査員から調査依頼が届くかもしれません。よろしくお願いします。


SORO_logo_sub

応募フォームはこちらから


今までの入眠調査室
FILE09 睡眠を「文化」として捉えている人。(後編)
FILE09 睡眠を「文化」として捉えている人。(前編)
FILE特別編 みんなの入眠の儀式
FILE08 眠る前に妄想で物語を考えている人 赤木舞子さん(後編)
FILE08 眠る前に妄想で物語を考えている人 赤木舞子さん(前編)
FILE07 眠るの大好き派の人:小林大吾さん(後編)
FILE07 眠るの大好き派の人:小林大吾さん(前編)
FILE06 意識高い眠りの人:西山瞳さん(後編)
FILE06 意識高い眠りの人:西山瞳さん(前編)
FILE05 ギリギリまでなにかをしている人:伊賀大介さん 後編
FILE05 ギリギリまでなにかをしている人:伊賀大介さん 前編
FILE04 お気に入りの”説明”を聴きながら眠る人:君島久美さん 後編
FILE04 お気に入りの”説明”を聴きながら眠る人:君島久美さん 前編
FILE03 睡眠に対してドライな人 : ジェーン・スーさん
FILE02 一日10分しか寝てなかった人 : くぅさん 後編
FILE02 一日10分しか寝てなかった人 : くぅさん 前編
FILE01 一見、ちゃんとしてる人 : しまおまほさん 後編
FILE01 一見、ちゃんとしてる人 : しまおまほさん 前編

renaissance01-line

古川 耕
1973年生まれ。フリーライター、放送作家。「アフター6ジャンクション」「ジェーン・スー 生活は踊る」(共にTBSラジオ)などの構成を担当。アニメーションやコミック、HIPHOP、文房具について執筆。年に一度のボールペン人気投票「OKB48選抜総選挙」主宰。人が眠りにつく過程を必要以上に細かくインタビューする「入眠調査」を密かな趣味とする。詩人でデザイナーの小林大吾と制作ユニット「四〇四号室」を主宰。
「四〇四号室」

ロゴ&イラストレーション:小林大吾

サイト内検索

サイトメニュー

特集お役立ち連載インタビューお知らせ