やってみよう!快眠TIPS

寝室には「間接照明」や「フットライト」がオススメです!

寝室には「間接照明」や「フットライト」がオススメ

寝る前の「白い光」は安眠の大敵です

毎日ぐっすり眠るために大切なことのひとつが、「光」との向き合い方です。朝、目覚めたらまずは寝室のカーテンを開けて、明るい朝日を浴びると、体内時計がリセットされて睡眠のリズムを整えることに役立つことは、今までにもいろんな記事でお伝えしています。

朝の光も大切ですが、あわせて気を配っておきたいのが、夜の照明です。一般的な家庭の照明器具には、蛍光灯がたくさん使われていますよね。その蛍光灯に「昼光色」「昼白色」「電球色」といった光の色の種類があることをご存じでしょうか。

写真が好きな方ならおわかりでしょうが、この「色」とは、それぞれの光がもつ「色温度」を示しています。おおまかな分類は以下のようになります。

電球色=約3000 K
昼白色=約5000 K
昼光色=約6500 K
(K=ケルビン)

色温度は数値が低いほど赤に、高いほど青(紫)に近づきます。昼間の太陽光の色温度は、おおむね昼白色に近い5000〜6000K程度。光の色の指標としては「白」になります。そして6500Kの昼光色は、さらに青い光ということができるのです。

実は、この白や青の光が、安眠の大敵。夜、寝る前の時間に白い光や青い光(スマホなどから発せられるブルーライトも!)を見つめていると、脳がどんどん覚醒してしまうことが、さまざまな研究の結果としてわかっています。

寝る2時間前になったら、温かい光に切り替えよう!

寝る2時間前になったら、温かい光に切り替えよう

夜更けのネットサーフィンや、ベッドの中でのスマホチェックはいわずもがな。眠りの質を下げる大きな原因になってしまいます。寝る前にはスマホを見ないのが一番ですが、どうしても手放せないのであれば、スマホ画面のライトを赤っぽい光に変えたり、ブルーライトをカットするフィルムやメガネを活用するのがおすすめです。最近は、iPhone の「ナイトシフト」機能のように、夜間のブルーライト対策を備えたスマートフォン(Android では一部機種やアプリで対応)も増えています。

そして、ちょっとこだわってみて欲しいのが、夜間の照明器具の使い方です。理想としては、寝る2時間前になったら、室内の照明を白い光から赤い光(白熱電球の色)に切り替えること。夜間、リビングダイニングで過ごすことが多ければ、ダイニングのシーリング(天井の蛍光灯など)照明は消して、暖色系の間接照明に切り替えるのがおススメです。

寝室は「間接照明」や「フットライト」を活用する!

安眠のために、とくに気を配りたいのが寝室の照明です。寝る前はもちろん、夜中、トイレに目覚めた時など、明るく白い光が目に入ると覚醒が強まってしまい、なかなか再び寝付けないということにもなりがちです。

かといって、真っ暗なままトイレに行こうとすると、家具の角に足の小指をぶつけて「ギィェエエエエッ!」なんてことにもなりかねません。

寝室には、電球色(赤っぽい光)の間接照明や、淡い光で足下を照らしてくれるフットライトなどを備えておくのがオススメです。

光を操る先進アイテムを活用する!

すでに設置されている照明器具を取り替えたり、新たな間接照明などを設置するのはなかなか大変なことではあります。そこで、チェックしてみてほしいのが、最新の「あかり」デバイスです。

たとえば『世界睡眠会議』の応援企業でもあるフィリップスライティングジャパンの『Philips Hue Go』は、持ち運び可能なコンパクトでかわいいライトが、TPOに合わせてさまざまな色や明るさの光で照らしてくれるすぐれモノ。

Hueを使った2017年のキャンプイベント
2017年のキャンプイベントでも大人気でした!

スマホのアプリと連携させることで、夜間はリラックスできる暖色系の柔らかい光で過ごし、朝になると明るく白い光で目覚めをサポートしてくれる、なんていう機能を備えています。

また、最近では人が近付くと自動的に点灯し、しばらくすると消灯してくれる人感センサー式のお手頃な照明器具もいろいろと発売されています。

毎日の「ぐっすり」を楽しむために、夜の光、そして寝室の照明環境をチェックしてみてくださいね!

監修:睡眠改善インストラクター 鍛治恵

記事はここまで

快眠TIPS バックナンバー
快眠TIPS バックナンバー

この記事のキーワード: