やってみよう!快眠TIPS

寒くなる季節に向けて、冬の寝具のポイントをチェック!

寒くなる季節に向けて、冬の寝具のポイントをチェック

寒い季節はもうすぐそこまで来ています

先日(2018年の秋!)は、東京でも中秋の名月を見ることができました。今年の夏は例年にも増して暑い夜が多かったですが、季節はすでに秋の気配が濃厚です。ということは、もうすぐ寒さ厳しい季節がやってくるということですね。

寒い冬の夜、ぐっすり眠るためにはエアコンや加湿器を活用して寝室の温度や湿度を整えることとともに大切なのが、適切な寝具を、ちゃんと使って眠ることです。では、どんな寝具を、どのように使うのがいいのでしょうか。ポイントを改めて確認しておきましょう。

ポイント1

毛布や布団の重ね掛けはあまり効果がありません。

毛布や布団の重ね掛けはあまり効果がありません

寒い夜には、掛け布団を2枚重ねて掛ける、なんていう人はいないでしょうか。実は、毛布や布団の重ね掛けは、からだにかかる重みが増して窮屈になり安眠の妨げになるだけでなく、布団の中を快適な温度に保つ効果はあまり期待できません。

保温性の高い掛け布団、できれば軽い素材のものを、適切に使うことがオススメです。

ポイント2

下に敷く寝具にこだわる!

下に敷く寝具にこだわる

布団の中を温かく保つためのポイントは、掛け布団よりも敷き布団やシーツなどの敷き寝具にあります。床や畳に直接布団を敷いているなら、敷き布団を重ねたり、マットを一枚足して厚みを増したり、起毛素材などの保温性に優れたシーツや敷き毛布を使うのがオススメです。

ただし、気をつけておきたいのが吸湿性です。フリース素材などの化学繊維では、吸湿性が乏しく、布団に入った最初は温かく感じても、寝ているうちに布団の中(寝床内)の湿度が急上昇。不快で目覚めてしまう、なんてことになりがちです。

綿やウールなどで、吸湿性や放湿性に優れた天然素材の寝具を使うのが快適ですよ。

ポイント3

羽毛布団の選び方って?

軽くて保温性に優れた掛け布団の代表格が、羽毛布団です。とはいえ、羽毛布団の値段はピンからキリまでいろいろです。1万円程度のものがあるかと思えば、なかには掛け布団1枚で200万円近いものまであるんですよね。

「何を基準に、どう選べばいいのかわからない!」という方も多いことでしょう。

端的にいって、高価な羽毛布団ほど保温性に優れていますが、数10万円、はたまた100万円を超えるような布団を、そうそう買えるものではありません。

羽毛布団選びの目安となるのが、布団に詰まった羽毛の密度を示す「ダウンパワー(DP)」という数値です。価格帯ごとの目安を紹介しておきますね。

価格帯ごとの羽毛布団選びの目安

  • 3万円前後ならダック(DP330以上が望ましい)
  • 6〜7万円ならグース(DP390以上が望ましい)
  • 10万円以上はマザーグース(DP430以上が望ましい)

昭和西川 西川ユカコ常務

羽毛布団の選び方については、『世界睡眠会議』応援企業である昭和西川の西川ユカコ常務(睡眠改善インストラクター!)に取材した記事もありますから、ぜひ参考にしてください。

ポイント4

掛け布団と毛布を重ねる順番もポイント!

せっかく羽毛布団を用意しても、毛布の使い方ひとつで温かさ&快適さを少し損してしまうことがあります。

ポイントは、掛け布団と毛布を重ねる順番です。

羽毛布団の場合、掛け布団の上に毛布を掛ける方が、羽毛そのものの高い保温性がフルに発揮されて、温かく眠ることができます。羽毛ではない綿入りの布団の場合でも、カバーの素材がシルクなど保温性や吸湿性に優れた素材の場合、毛布は布団の上から掛けるのがオススメ。

掛け布団が普通の綿入りであったり、カバーが薄手の綿や化繊など、保温性、吸湿性がさほどでもない場合には、掛け布団の下と体の間に毛布を掛けましょう。

ポイント5

夜中、目覚めたときの温度変化にも配慮しましょう!

夜中、目覚めたときの温度変化にも配慮しましょう

もうひとつ、直接寝具に関わることではありませんが、冬の快眠のために注意しておきたいポイントがあります。それは、布団の中と外の急激な温度変化への配慮です。

適切な寝具をきちんと使用していれば、布団の中の温度は真冬でも30度以上になっています。一方で、ある程度暖房を使用していても寝室の室温は20度弱であるのが一般的な推奨温度。暖房のないトイレなどは、10度近く、場合によっては10度以下になってしまうこともあり得ます。

夜中、トイレなどで目覚めた時、こんなに急激な温度変化に無防備なままさらされて、眠気が覚めてしまうのはもったいないですよね。

ベッド(布団)のそばには、暖かい羽織り物と、スリッパを用意しておきましょう。寒さに敏感な方は、トイレに小さな電気ストーブなど、すぐ暖かくなる暖房器具を備えておくのもいいですね。

寒い季節、ポカポカの布団は快眠のための第一歩。早めに準備を整えて、冬のぐっすりを楽しんで下さいね!

監修:睡眠改善インストラクター 鍛治恵

記事はここまで

快眠TIPS バックナンバー
快眠TIPS バックナンバー

この記事のキーワード:

サイト内検索

サイトメニュー

特集お役立ち連載インタビューお知らせ